« 「21世紀を夢見た日々・日本のSF50年」(NHK教育) | Main | 田村ゆかりファンクラブイベント2007~ビホー・アフター~ »

ラスカル・フラッツ「スティル・フィールズ・グッド」/V.A.「アイドルマスター XENOGLOSSIA キャラクターアルバム Vol.2 - 熱唱!サンライズ巨大ロボットアニメソング 嵐」/釘宮理恵「THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 08 水瀬伊織」/二階堂和美「関白宣言」/坂本龍一+中谷美紀「ちいさい秋みつけた」/ケブ・モ「Big Wide Grin」

最近聴いたカバー曲

ラスカル・フラッツ「スティル・フィールズ・グッド」
映画「カーズ」のサントラ参加時に気になっていた、今時カントリーのバンド。
メロディとコーラスの綺麗さが魅力になっている、懐かしい(80年代アメリカン)ロック味のバンドです。

ザ・フー「フーアーユー」を一寸連想させる、綺麗なコーラス&リフで盛り上げる、アルバムタイトル曲「スティル・フィールズ・グッド」や、大仰寸前の歌い上げっぷりと、ギターソロの「ノー・レインズ」といったアップテンポ曲は、ブライアン・アダムスを連想するような、土臭いロックっぷりが、楽しいです。フィドルが入ってカントリー色が入りつつも、メロディは、ジェリーフィッシュ的ポップ・ロックを聴かせる「シークレット・スマイル」も好印象です。

歪みの無い美声での、ビートルズ「レボリューション」のカバーは、綺麗過ぎる気もしますが。



V.A.「アイドルマスター XENOGLOSSIA キャラクターアルバム Vol.2 - 熱唱!サンライズ巨大ロボットアニメソング 嵐」
アニメ版「アイドルマスター XENOGLOSSIA」の声優陣による、ロボットアニメの主題歌カラオケ歌唱集。
田村ゆかり「アイアンリーガー~限りなき使命~」は、意外に、コブシを回さない綺麗な歌唱ぶり。一見、熱血ながら、実は、心優しいキャラだった、伊織らしい歌い方かも。斎藤桃子「疾風ザブングル」の、初音ミクを思わせる非人間的な歌い方も、浮世離れしていたアニメ版真美っぽい感じ。アルバム中、気持ち良く聴けたのは、堀江由衣「メロスのように -LONELY WAY-」。原曲のサビのしつこさに、堀江由衣のアイドル声が、上手く嵌っています。


釘宮理恵「THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 08 水瀬伊織」
こちらは、本家ゲーム版「アイドルマスター」(は、Eランクで、止まっているカードが・・・)伊織のキャラソン集。釘宮理恵の曲が7曲纏まっているので購入。
映画「時をかける少女」の主題歌として印象的だった、奥華子「ガーネット」のカバーは、一言づつ区切って歌う、「ホントノキモチ」を思わせる釘宮の歌唱法に加え、元々台詞っぽい歌詞の曲に台詞が加わっていて、甘ったるい歌声と相まって、より、アイドルの曲っぽくなっています。カバー以外では、「i」が、リズムボックス反復の中、この種の曲では珍しい、中盤のトランペットのソロが、印象的です。


二階堂和美「関白宣言」
伴奏のYour Song Is Goodを目当て、さだまさしのカバー曲を、シングル「ハミング・スイッチ」から、iTunesMusicStoreで、つまみ食い。
「亭主関白」という、原曲発表当時の「時代遅れ」から、裏返しの愛情を読み取らせる、っていう歌詞は、今となっては、ネタとしても、理解し難い世界なのでは?という気もしますが。ただ、トロンボーンが大活躍な、Your Song Is Goodの軽快な伴奏のおかげで、寒々しさの無い、パーティ・ソングになっています。


坂本龍一+中谷美紀「ちいさい秋みつけた」
三波春夫とかも参加しているカバー曲集、「にほんのうた 第一集」から、iTunesMusicStoreで、つまみ食い。
囁くような中谷美紀の歌声と、坂本龍一「エナジーフロウ」的ピアノと、砂を流すような効果音を、単色の陰鬱なシンセに載せた、所謂エレクトロニカ路線の曲です。中盤には、ケーナまで加わり、あざとい癒し系ノリぃ、と思いつつも、子守歌系メロディと、エレクトロニカ路線との相性の良さには、つい、聞き入ってしまいます。


ケブ・モ「Big Wide Grin(輸入盤)」
先月、12年ぶりに来日していたのを今、知って、自分アンテナの低さに、地団駄を踏みながら(といっても、ラリー・カールトン来日公演のゲスト扱いでは、仕方が無いかも。ブルース分野に興味が有るわけじゃありませんので、専門誌は買っていませんし。)、2001年リリースの旧譜を購入。

ポップなメロディを、柔らかい声とギターで、淡々と歌うバラード「Infinite Eyes」「Big Yellow Taxi」は、相変わらず、この人らしい聴きやすさで、良いです。アルバム自体は、セサミストリートで演ったという、「Everybody Be Yoself」や、タイトルに「Grandma」や、「Father」が入っている曲が有り、家族がテーマのよう。

カバーも多く、スティービー・ワンダー「可愛いアイシャ」を、ジャズ・スタンダード風アレンジで、かしこまって歌っているのは、なんだか、妙に面白くて、思わず、笑ってしまいました(音楽聴いて、嘲笑でなく、笑うのは久しぶり)。この曲も層ですが、アメリカの愛唱歌「アメリカ・ザ・ビューティフル」を、スライド・ギターをばりばりで、ブルース臭く歌っているのも、かえって、元曲のメロディの良さが、現れている気がします。企画ものっぽいアルバムってことなのかも、しれませんが。

|

« 「21世紀を夢見た日々・日本のSF50年」(NHK教育) | Main | 田村ゆかりファンクラブイベント2007~ビホー・アフター~ »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/16883945

Listed below are links to weblogs that reference ラスカル・フラッツ「スティル・フィールズ・グッド」/V.A.「アイドルマスター XENOGLOSSIA キャラクターアルバム Vol.2 - 熱唱!サンライズ巨大ロボットアニメソング 嵐」/釘宮理恵「THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 08 水瀬伊織」/二階堂和美「関白宣言」/坂本龍一+中谷美紀「ちいさい秋みつけた」/ケブ・モ「Big Wide Grin」:

« 「21世紀を夢見た日々・日本のSF50年」(NHK教育) | Main | 田村ゆかりファンクラブイベント2007~ビホー・アフター~ »