« 国枝史郎「神州纐纈城」(河出文庫) | Main | 石川 賢「石川賢の本 初期ギャグ傑作集ボインパイヤー」 »

第19回SFマガジン読者賞に投票。

国内小説を、読んで無さ過ぎ。愕然としました。

第19回SFマガジン読者賞に、メール投票した内容です。(ベスト5の感想へのリンクと、セレクト理由を、2007.11.27追記)


○投票する作品名(海外・国内部門)およびイラストレーター名と、それぞれへの寸評
1 .海外部門:パオロ・バチガルピ「イエローカードマン」
寸評:没落・貧乏もの、ならではのドラマ性。
2 .国内部門:伊藤計劃「Indifference Engine」
寸評:昔の「日本SF」的ラストの叙情性。
3 .イラストレーター部門COCO
寸評:「SFマガジンの早川さん」キャラ紹介カットに対して。
COCO氏が、対象外なら「寺田克也」(連載「小角の城」挿絵)

○2007年度(2006年11月から2007年10月まで)に出版された新作SF
(周辺書を含む)のなかから、海外作品と国内作品のベスト5

海外作品ファンタジィよりSF、過去の名作より近作、を優先してセレクト。
1:アレステア・レナルズ「レヴェレーション・スペース1 火星の長城」
2:ジョン・スコルジー「老人と宇宙」
3:スタニスワフ・レム「大失敗」
4:ジョージ・R.R. マーティン「剣嵐の大地」
5:クリストファー・プリースト「双生児」

国内作品読んだ小説で、今一、と思わなかったものをセレクト。「Fate/Zero」の中では、ライダー宝具炸裂シーンと、その後のセイバーの落ち込みが可愛い(本編と違い、士郎がいないので、虐められ役になってしまうのは、仕方ないところ。)、Vol.2が一番印象的だったので。
1:伊藤計劃「虐殺器官」
2:藤崎 慎吾「鯨の王」
3:虚淵玄「Fate/Zero Vol.2 王たちの狂宴」
4:虚淵玄「Fate/Zero Vol.3 散りゆく者たち」
5:虚淵玄「Fate/Zero Vol.1 第四次聖杯戦争秘話」

○登場してもらいたい作家など、SFマガジンへのご意見
「SFが読みたい」での、ノンフィクション、非小説の取り扱いが、
投票者によって違っているのを、統一して欲しい。

|

« 国枝史郎「神州纐纈城」(河出文庫) | Main | 石川 賢「石川賢の本 初期ギャグ傑作集ボインパイヤー」 »

SFマガジン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/17162524

Listed below are links to weblogs that reference 第19回SFマガジン読者賞に投票。:

« 国枝史郎「神州纐纈城」(河出文庫) | Main | 石川 賢「石川賢の本 初期ギャグ傑作集ボインパイヤー」 »