« アレサ・フランクリン「Rare & Unreleased Recordings from the Golden Reign of the Queen of Soul」 | Main | 紅玉 いづき「ミミズクと夜の王」 (電撃文庫) »

3 Great American Voices

メアリー・J.ブライジファーギーキャロル・キングの合同コンサート。

ファーギーモデルを担当している縁でしょうか、ピーチ・ジョン・ザ・カタログからの花輪に、一寸驚きつつの、入場。老若男女な客層ながら、喫煙スペースから煙が漏れ出して、空気が澱んでいたのは、年齢高めってことでしょうか。

キッコーマンの米国進出50周年記念ということで「KIKKOMAN presents」との冠付き。死ぬまでに観られれば良いなぁ、と思っていたキャロル・キングを、呼んでくれた主催者サイドには、大感謝しています。が、会場内に巨大醤油差しのモックアップを並べるのは、兎も角、2000円取ったカタログの冒頭に、社長の写真を載せるのは、ちょっと引いてしまいました。

そんなことを思いつつ開演を待ち…

この日の先陣は、ファーギー
アルバム「The Dutchess」のジャケットと同じく、ティアラ+マント+ヘソといいますか、腹筋出しミニスカで登場(モニターは、腹ばかり映してましたねぇ)。尻振りながらに加え、歌いながらの横転や、「ファイナリー」での堂々とした歌い上げに、サービスっぷりを感じて、好感を持ちました。途中、金色タイツへの衣装替え休憩を、バックダンサーのブレイク・ダンスで繋ぐ展開は、アイドルのコンサートっぽいかも。

基本的には、ソロ・アルバムの曲と、ブラック・アイド・ピーズの代表曲。ただ、良かったのはハード・ロック風ギターリフに、懐かしいヘビメタ風歌唱の曲(アルバム未収だと思うのですが。)。この曲や、「Mary Jane Shoes」後半のような、ロック路線のほうが、本隊っぽいダンスビートより、本人の資質に近い気が。

未だ、ビルボート12位にいるバラード「Big Girls Don't Cry」で、しっとり締めかと思いきや、スタッフの誕生日ということで「ハッピーバースディ」で終わり、お祭りを盛り上げます。

続いて、キャロル・キング
まずは、深々とお辞儀をし、ピアノ上の灯りを点す、という、雰囲気ある導入です。

内容は、「The Living Room Tour」同様の、ピアノ弾き語り(+ギター)。ということで、驚きはありませんが、「It's Too Late」「You've Got A Friend」をはじめとした70年代の大名曲祭りなので、悪いわけが無く。歌声の擦れも、「The Living Room Tour」のCDより少ないくらいの元気さ。

バラードばかりではなく、観客に「イエー」叫ばせての、「I Feel the Earth Move」で締めっていうのも、DVD「イン・コンサート」での元気さを、想起させる陽性のノリで、楽器編成のシンプルさを感じさせない造りなのも素晴らしいです。
特に、「アイガ、チキュウヲ、マワス」「Love Makes the World」)をはじめ、日本語説明を結構入れてくれる気配りに、暖かい気持ちになりました。

トリは、メアリー・J.ブライジ
兎跳び体勢で歌い上げる「ノー・モア・ドラマ」など、ハウス系女性ボーカルを思わせるような、声量で圧倒路線。一本調子な感はありましたが、1時間という尺なら、力押しも有りといったところ。

バンド伴奏なので、ブレイクビーツが持つ反復性の魅力は無いものの、シンセ・ドラムっぽいドラムの音色や、新曲「ジャスト・ファイン」等、キーボードのプワーンとした音色で纏めているため、80年代の音楽っぽい、親しみやすさがありました。

最後は、3人一緒に、「(You Make Me Feel Like) A Natural Woman」という、アレサ・フランクリンマライア・キャリー(今回の2人の役どころ?)、キャロル・キングも参加していた「ディーヴァズ・ライブ」同様の締め。キャロル・キングと他の2人では、声量面では、違いすぎますが、「ディーヴァズ・ライブ」での、セリーヌ・ディオンの太鼓持ちノリに通じる、キャロル・キングへの敬意を感じる輪唱で、大団円。

11/10(土) さいたま スーパーアリーナにて鑑賞。

|

« アレサ・フランクリン「Rare & Unreleased Recordings from the Golden Reign of the Queen of Soul」 | Main | 紅玉 いづき「ミミズクと夜の王」 (電撃文庫) »

ライブ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/17076859

Listed below are links to weblogs that reference 3 Great American Voices:

« アレサ・フランクリン「Rare & Unreleased Recordings from the Golden Reign of the Queen of Soul」 | Main | 紅玉 いづき「ミミズクと夜の王」 (電撃文庫) »