« エルトン・ジョン、日本武道館公演 | Main | 第19回SFマガジン読者賞に投票。 »

国枝史郎「神州纐纈城」(河出文庫)

復刊された伝奇小説。

石川賢のマンガ版を読んだときに、原作も、と思ったのですが、往時は、文庫版が絶版で、8000円の愛蔵版だけだったので、嬉しい復刊です。

設定が凄い話といった訳では、無いですが、月子の行水シーン(第17回)、造顔シーン(第18回)などでの、描写に淫したような、伝奇小説的くどさが魅力的です。「…あった。」を連発する短めの文体も、妙なリズム感があります。

お話としては、未完、というか、まだ、中盤といった感じですが。

|

« エルトン・ジョン、日本武道館公演 | Main | 第19回SFマガジン読者賞に投票。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/17162520

Listed below are links to weblogs that reference 国枝史郎「神州纐纈城」(河出文庫):

« エルトン・ジョン、日本武道館公演 | Main | 第19回SFマガジン読者賞に投票。 »