« SFマガジン2008年1月号「テッド・チャン特集」 | Main | シュレック3 ~ オリジナル・サウンドトラック »

円城 塔「Self-Reference ENGINE」(ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

予想通り
SFM掲載の短編同様の印象で、メタ&自己言及関連ワードをちりばめたオチ無し短編集。

本筋の(この種の作品に”本筋”を求めるのは、お門違いなのかもしれないけれど、)「巨大知性体」自体を直接的に描いた、「Contact」「Sacra」「Disappear」や、戦闘妖精雪風っぽい、不条理戦争物の「Daemon」「Bomb」あたりは、直接的な造りが好みですが、「Yedo」とか、他の短編は、まどろっこしい言い方で、作者に馬鹿にされている感を強く受け、読後感は良くありませんでした。

(そう読めたのは、)わたしの頭が悪いだけかもしれませんが。

|

« SFマガジン2008年1月号「テッド・チャン特集」 | Main | シュレック3 ~ オリジナル・サウンドトラック »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/17408636

Listed below are links to weblogs that reference 円城 塔「Self-Reference ENGINE」(ハヤカワSFシリーズ Jコレクション):

« SFマガジン2008年1月号「テッド・チャン特集」 | Main | シュレック3 ~ オリジナル・サウンドトラック »