« V.A.「ニッポンのロックンロール~Dr.FEEL GOOD TRIBUTE~」 | Main | アリシア・キーズ「アズ・アイ・アム」 »

「AYAKASHI」/「みなみけ~おかわり~」/「狼と香辛料」/「墓場鬼太郎」/「未来講師めぐる」/「のらみみ」/「もえがく5」/「ヤッターマン」の第1話感想

「仮面ライダーキバ」とかも控えていますが、2008年1月期分(のアニメ等第1話感想)は、とりあえず、ここまで。

11.「AYAKASHI」(日曜深夜 TVK)
学園能力者バトル物。いかにも「美少女アニメ」然とした(歪んだ)絵柄と、ヤクザの鼻削ぎといった、グロシーンの違和感が売り?△

12.「みなみけ~おかわり~」(日曜深夜 テレビ東京)
スタッフ一新ということで、見てみましたが、キャラ等は継続した2ndシーズンでした。お洒落気取りなOP絵柄を、温泉でのサービスシーンの下世話さで中和。△×

13.「狼と香辛料」(水曜深夜 TVK)
ラノベ界の人気作ということで、期待していましたが…RPG風中世ファンタジィでロードムービーでしょうか?ヒロインとして「狼」キャラは出てきましたが、「香辛料」のほうの話は、今後?
ヒロイン役(小清水亜美)の台詞が、花魁風の言葉ということもあってか、棒読み然としていて、キャラの魅力が伝わらず。△

14.「墓場鬼太郎」(木曜深夜 フジ)
劇画風絵柄で止め絵多用した、テレビ「漫画」。綺麗な絵ですけれど、話は、ストーリーランド的味気なさがあります。今回のように、追いつめられたゲスト・キャラが、死ぬか、狂って終わるだけの展開を(ホラーとして)提示され続けるのだと、見続けるのが辛いです。△

15.「未来講師めぐる」(金曜夜 テレビ朝日)
実写。20年後の姿が解るという能力者の話(で、職業コスプレの違和感をギャグにしているので、職業差別っぽくなる不安が…)。宮藤官九郎脚本らしく、エキセントリックな変人キャラばかりを出しつつも、第1話ラストは小市民的イイ話だったので、後味が良いです。変人役を、星野源船越英一郎に担当させて、主役の深田恭子は、あまり弄らずに、「木更津キャッツアイ」のモー子よりも馬鹿度を薄めた、可愛い女にしている点も、気持ち良く見ることが出来る要因でしょうか。△

16.「のらみみ」(金曜深夜 TBS)
冒頭の「ど根性ガエル」風絵柄をはじめとして、偽レトロ。悪意あるドラえもんパロがあると、後半部での、初々しい心の交流話も、素直に見て良いのか、不安になります。△

17.「もえがく5」(月~金夕方 BSフジ)
実写+アニメの15分帯番組。秋葉原ネタ入り語学学習アニメながら、同趣向の「もえたん」でのフックだった、エロ+駄目な感じのパロディで自虐+田村ゆかり小野坂昌也の手慣れた掛け合い、が無い為、中途半端な幼児向け作品になっています。ミニスカート&オーバーニーソックスを装備した平野綾が、縄跳びしながら、英単語を喋る実写パートには、パラダイスTV的な味わい有り?△×

18.「ヤッターマン」(月曜夜 日テレ)
三悪はじめ、シリーズの(膨大な)お約束を全部入れつつ設定を紹介したら、それだけで第1話が終わってしまった感があります。健康なお色気担当は、アイちゃん役伊藤静の艶っぽい声でしょうか。△×

|

« V.A.「ニッポンのロックンロール~Dr.FEEL GOOD TRIBUTE~」 | Main | アリシア・キーズ「アズ・アイ・アム」 »

アニメ等第1話感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/17720433

Listed below are links to weblogs that reference 「AYAKASHI」/「みなみけ~おかわり~」/「狼と香辛料」/「墓場鬼太郎」/「未来講師めぐる」/「のらみみ」/「もえがく5」/「ヤッターマン」の第1話感想:

» 墓場鬼太郎 福岡 [モーニング娘のすべて]
墓場鬼太郎 放送局第一期アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」のキャストだ。確かに「墓場鬼太郎」の世界にはこちらの方が良い。野沢さんは芸達者な... [Read More]

Tracked on 2008.01.17 at 10:31 AM

« V.A.「ニッポンのロックンロール~Dr.FEEL GOOD TRIBUTE~」 | Main | アリシア・キーズ「アズ・アイ・アム」 »