« チャールズ・ストロス「残虐行為記録保管所」 (海外SFノヴェルズ) | Main | アレステア・レナルズ「レヴェレーション・スペース 2 銀河北極」 ((ハヤカワ文庫 SF) »

田中ロミオ「人類は衰退しました」(ガガガ文庫)

ひらがな会話の、ぼけキャラで押し切る1巻目は、作者の評判程では…でしたが、再読しますと、雰囲気は悪くなかったので、2巻目も読むことに。

2巻では、世界や自己を認識で変える、といった(妖精さんの可愛さ一辺倒で無い)話が入ってきて、格段に面白くなっています。特に、後半の「妖精さんたちの、じかんかつようじゅつ」では、時間ループの設定を、ぼけキャラ主人公が認識するため、ぼけ描写が単なる萌えに留まらず、叙述トリック的に機能しているのが良いです。萌え系一寸いい話としても、成立していますので、あざとさも無いですし。

|

« チャールズ・ストロス「残虐行為記録保管所」 (海外SFノヴェルズ) | Main | アレステア・レナルズ「レヴェレーション・スペース 2 銀河北極」 ((ハヤカワ文庫 SF) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/17550546

Listed below are links to weblogs that reference 田中ロミオ「人類は衰退しました」(ガガガ文庫):

« チャールズ・ストロス「残虐行為記録保管所」 (海外SFノヴェルズ) | Main | アレステア・レナルズ「レヴェレーション・スペース 2 銀河北極」 ((ハヤカワ文庫 SF) »