« 「ロザリオとバンパイア」/「全力ウサギ」/「PERSONA-trinity soul-」/「栞と紙魚子の怪奇事件簿」/「true tears」/「破天荒遊戯」/「君が主で執事が俺で」/「シゴフミ」/「H2O~FOOTPRINTS IN THE SAND~」/「ポルフィの長い旅」の第1話感想 | Main | V.A.「ニッポンのロックンロール~Dr.FEEL GOOD TRIBUTE~」 »

SFマガジン2008年2月号「日本作家特集」

先月号でドキリとした、金子隆一氏の近況。大事なかったのは何より。

海猫沢めろん「アリスの心臓∞みえない夏のうさぎ穴∞」☆0
終盤、タイポグラフィック・ノベルで混沌とするなればこそ、「ゴーレム100のように、他の部分は、明快であって欲しいです。

樺山三英「一九八四年」☆0
メタフィクションというより、評論?

谷崎由依「夕暮れ畑」☆1
ファンタジー世界の閉鎖性が、(女流作家臭い)どんより生理感溢れる文章に上手く嵌っています。最後の1行で、全編メタファー?疑惑が起きましたが。

連載 夢枕獏「小角の城」☆1
面白い能力者の話、の前半。

連載 梶尾真治「エデンの防人 怨讐星域」☆1
惑星での生活描写は、ベテランらしい筆致で、安心して読めます。このエピソード自体が未完ながら、終盤の展開は、エピソード同様、図式的なお説教に向かいそうな不安が漂いますけれど。

小林泰三「三00万」☆0
悪意あるファースト・コンタクトものというより、表題から、映画「300」パロと受け取るべき?

連載 神林長平「雪風が飛ぶ空 戦闘妖精・雪風 第3部」☆1
第3部前半終了。大佐の居直りぶりも楽しかったですが、ラストの開放感も良し。

|

« 「ロザリオとバンパイア」/「全力ウサギ」/「PERSONA-trinity soul-」/「栞と紙魚子の怪奇事件簿」/「true tears」/「破天荒遊戯」/「君が主で執事が俺で」/「シゴフミ」/「H2O~FOOTPRINTS IN THE SAND~」/「ポルフィの長い旅」の第1話感想 | Main | V.A.「ニッポンのロックンロール~Dr.FEEL GOOD TRIBUTE~」 »

SFマガジン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/17635968

Listed below are links to weblogs that reference SFマガジン2008年2月号「日本作家特集」:

« 「ロザリオとバンパイア」/「全力ウサギ」/「PERSONA-trinity soul-」/「栞と紙魚子の怪奇事件簿」/「true tears」/「破天荒遊戯」/「君が主で執事が俺で」/「シゴフミ」/「H2O~FOOTPRINTS IN THE SAND~」/「ポルフィの長い旅」の第1話感想 | Main | V.A.「ニッポンのロックンロール~Dr.FEEL GOOD TRIBUTE~」 »