« SFマガジン2008年2月号「日本作家特集」 | Main | 「AYAKASHI」/「みなみけ~おかわり~」/「狼と香辛料」/「墓場鬼太郎」/「未来講師めぐる」/「のらみみ」/「もえがく5」/「ヤッターマン」の第1話感想 »

V.A.「ニッポンのロックンロール~Dr.FEEL GOOD TRIBUTE~」

赤羽ブリロー名義で2曲、トリビュートセッション名義で1曲参加している、Theピーズのハルとアビさんを目当てに購入。

赤羽ブリロー「KING FOR A DAY」は、アビさんの重たいギターが、格好好いです。ハルは、英語歌唱のせいか、軽やかな歌い方にパンクスっぽい雰囲気があって、Theピーズでの歌とは違った印象になるのが、面白いです。

ただ、アルバム全体としては、歌やメロディに特徴が無く、中年だみ声を張り上げる、古典的ロックンロール楽曲が、延々と続くので、正直、単調な印象もあります。トリビュート元同様、ということなのでしょうけれど(といっても、ドクター・フィールグッドの作品で聴いているのは、「ダウン・バイ・ザ・ジェティ」だけの門外漢ですが。)

なので、SWITCH TROUTによる、ベンチャーズ風煌びやかなギター・インスト「Oyeh!」、ホンキー・トンク風ピアノが入っているおかげで聴きやすい、Mooney&His Lucky Rhythmによる「ROUTE66」といった、変化球的カバーした曲のほうが、楽しめました。

|

« SFマガジン2008年2月号「日本作家特集」 | Main | 「AYAKASHI」/「みなみけ~おかわり~」/「狼と香辛料」/「墓場鬼太郎」/「未来講師めぐる」/「のらみみ」/「もえがく5」/「ヤッターマン」の第1話感想 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/17673437

Listed below are links to weblogs that reference V.A.「ニッポンのロックンロール~Dr.FEEL GOOD TRIBUTE~」:

« SFマガジン2008年2月号「日本作家特集」 | Main | 「AYAKASHI」/「みなみけ~おかわり~」/「狼と香辛料」/「墓場鬼太郎」/「未来講師めぐる」/「のらみみ」/「もえがく5」/「ヤッターマン」の第1話感想 »