« 田村ゆかり「十六夜の月、カナリアの恋。」 | Main | SFマガジン2008年4月号「「ベストSF2007」上位作家特集」 »

青山テルマ「My dear friend」/今井美樹「ルパン三世 愛のテーマ」/清浦夏実「旅の途中」/ROCKY CHACK「リンゴ日和~The Wolf Whistling Song」/堀江由衣「えいえんの丘」

最近聴いたiTMSアニソン等

青山テルマ「My dear friend」
シングル「そばにいるね」のc/wで、アニメ「しおんの王」のエンディング。
アニメ本編は、解説者多めの勝負もの+過去の惨劇サスペンス+絶対領域萌え+女装少年萌え+面長&影多めのエロ劇画的絵柄(神園九段とか)のサブキャラ、という、ごった煮のまま、終盤まで、勢いが衰えず、楽しみにしている作品です。

エンディング曲は、和製ディーヴァものにありがちな、グループ感に乏しい歌い上げ曲ですが、イントロ兼サビをフレーズ連呼して盛り上がるところが、魅力です。アニメが「次週に続く!」となったところを引き継いで、曲のイントロが始まるので、曲の印象も強いです。
他2曲は男声入り。シングル表題曲は、Souljaのつぶやき男声と、抽象的過ぎる歌詞に付いていけませんでしたが、パーティ・ソングの「This Day」では、童子-T(不良系ラップのZingi「渋谷無宿」は、好きでした。)の和製ラップと、サビ担当の和製ディーヴァという、解りやすい組み合わせが、ベタながら、楽しいです。



今井美樹「ルパン三世 愛のテーマ」
ルパン3世第2シリーズのエンディング曲。
ピアノ伴奏(この曲では、作曲者の大野雄二)だけで、ジャズボーカル的に歌ったアルバム「I Love a Piano」の中の一曲。地味な伴奏と、女優歌で、眠くなりそうな雰囲気はあります。


清浦夏実「旅の途中」 アニメ「狼と香辛料」のOP。アニメ本編は、結局、最後は、サブキャラの能力や商会の組織力で問題を解決、というギャルゲー原作ものっぽい主人公なのが、今一なのですが…。RPG風中世舞台の雰囲気ものとして視聴継続中の一作です。

清浦夏実の歌は、「スケッチブック」のOP「風さがし」の時は、木訥フォークって感じでしたが、本作では、かなり、変化しています。音数の多いアコースティック伴奏に、北国風な節回しの歌ですが、終盤、「ライラ♪」歌い上げ(男声コーラスは、作曲の吉良"ザバダック"知彦?)+乱打するドラムで、壮大に盛り上がる曲です。


ROCKY CHACK「リンゴ日和~The Wolf Whistling Song」
同じく、アニメ「狼と香辛料」の、こちらはED。
ピアノやバイオリンを、ちゃかちゃかと鳴らした伴奏で、XTC~中期ビートルズっぽい節回しのポップな曲。浮遊感ある女性ボーカルは健在ながら、「リトルグッバイ」のテクノ風伴奏からは、全然違うスタイルなのに驚き。電脳世界舞台のアニメ「ゼーガペイン」と違い、RPG風中世舞台のアニメってことで、変えてきたんでしょうけれど、打ち込み音源を前提に音を作る人にとっては、音色は取替可能な部品なのかな、と思えてきて、少し寂しいです。


堀江由衣「えいえんの丘」
iTMSに、もう最新作「Darling」まで、入っているのに驚きつつ(「黒薔薇保存会」の新曲も、入れて欲しいなぁ。フィギュアも携帯も縁が無いので。そのうちでいいから。)、アルバム未収だった、シングル「恋する天気図」のc/w曲を補完。

「えいえんの丘」は、ハーモニカや眠そうなギター伴奏に、歌も、のんびりした感じの優しい曲。ちょっと、ドゥービー・ブラザース「South Side Midnight Lady」のユルさを連想しました。

|

« 田村ゆかり「十六夜の月、カナリアの恋。」 | Main | SFマガジン2008年4月号「「ベストSF2007」上位作家特集」 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/40388616

Listed below are links to weblogs that reference 青山テルマ「My dear friend」/今井美樹「ルパン三世 愛のテーマ」/清浦夏実「旅の途中」/ROCKY CHACK「リンゴ日和~The Wolf Whistling Song」/堀江由衣「えいえんの丘」:

« 田村ゆかり「十六夜の月、カナリアの恋。」 | Main | SFマガジン2008年4月号「「ベストSF2007」上位作家特集」 »