« SFマガジン編集部「SFが読みたい! 2008年版―発表!ベストSF2007国内篇・海外篇 (2008)」(早川書房) | Main | 田村ゆかり「十六夜の月、カナリアの恋。」 »

ジョン・スラデック「蒸気駆動の少年」(河出書房新社 奇想コレクション)

「不安検出書(B式)」の存在感

短編集。

ナンセンスと詭弁だけの普通小説は、往事の筒井康隆小説から文体を脱色して、意味だけを眺めているような感じで、(ギャグとして)面白いって訳ではなく。読了しても、何か読み飛ばしていて、作品の意図をつかめていないのでは?という気になり、読み返すのですが、それでもさっぱり解らない訳で。結果、非常に不安になる読後感でした。

反面、そこに、ジャンル作品的に解りやすいストーリーが加わって、詭弁にストーリー上の意味を受け取り易い、名探偵ミステリー(「見えざる手によって」)や、SF(「月の消失に関する説明」)は、安心して読むことができました。

ナンセンス・詭弁路線以外では、飄々としたほら話「教育用書籍の渡りに関する報告書」や、今となっては、実際のカウンセリングねた、っぽく見えてしまう「不安検出書(B式)」は、既読の作品でしたが、別格の存在感がありました。

|

« SFマガジン編集部「SFが読みたい! 2008年版―発表!ベストSF2007国内篇・海外篇 (2008)」(早川書房) | Main | 田村ゆかり「十六夜の月、カナリアの恋。」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/40322945

Listed below are links to weblogs that reference ジョン・スラデック「蒸気駆動の少年」(河出書房新社 奇想コレクション):

« SFマガジン編集部「SFが読みたい! 2008年版―発表!ベストSF2007国内篇・海外篇 (2008)」(早川書房) | Main | 田村ゆかり「十六夜の月、カナリアの恋。」 »