« 安室奈美恵 「60s 70s 80s」 | Main | 久世番子、 (原作)大崎梢「配達あかずきん 成風堂書店事件メモ 1」(WINGS COMICS) »

トーキョーブラッサム スペシャル"男盛ノ花盛 in 野音"

怒髪天主宰の「ブラッサム」シリーズのコンサート。野音のThe ピーズ目当てで、鑑賞。前回と同様、雨でしたが、弱い雨(前日のような横殴りの雨だったら、厳しかった)で、雨合羽は、むしろ、寒風対策として必要な感じ。会場を走り回る、ラモーンズTシャツの未就学児?の元気さに感心しつつ、開演を待ちました。

先陣は、The ピーズ。イギリス民謡「ピクニック」のカバーから、「体に優しいパンク」まで、30分程度のステージながら、景気よく、調子っぱずれの歌や重めのギターを奏でてくれました。「三連休」など音源未発曲は、ダルな感じで、「電車でお出かけ」を連想。

二番手の、SION & The Cat Scratch Comboは、しゃがれ声で「新宿の片隅で」を歌うぐらいしか、知りませんでしたが、恨み節的フォークシンガーな歌詞を、ロックバンドの音で盛り上げ。ギターの藤井一彦による、綺麗なロックンロールギターが、印象的でした。

トリは怒髪天。歌詞の大半に、「男」「酒」という言葉があって、フライングキッズとか連想するような、コブシ回しの唄ということもあり、初期エレファントカシマシ的マッチョイズムをコミカルに伝えるバンドといった風情のバンドでした。

MCも、基本、漫才ノリでしたが、アンコールでの、ラフィンノーズの事故について言及したときの生真面目さが、バンドの本質かも。

2008.04.19 日比谷公園野外大音楽堂にて、参加。

|

« 安室奈美恵 「60s 70s 80s」 | Main | 久世番子、 (原作)大崎梢「配達あかずきん 成風堂書店事件メモ 1」(WINGS COMICS) »

ライブ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/40938644

Listed below are links to weblogs that reference トーキョーブラッサム スペシャル"男盛ノ花盛 in 野音" :

« 安室奈美恵 「60s 70s 80s」 | Main | 久世番子、 (原作)大崎梢「配達あかずきん 成風堂書店事件メモ 1」(WINGS COMICS) »