« J.G.バラード「クラッシュ」(創元SF文庫) | Main | 「モンスターハンターポータブル 2ndG」(カプコン)ファースト・インプレッション »

貴志 祐介「新世界より(上)(下)」(講談社)

SFとしても、モダン・ホラーとしても疑問

超能力者たちが住む、タブーいっぱいの閉鎖的コミューンの話。超能力の描写が抽象的なのは、S・キング「シャイニング」とかを、一寸連想したり。

本筋は、超能力の設定に絡めた、短編SF的アイデア・ストーリー(アイデアを目立たせる分、キャラは記号)なのですが、読み易くするためか、全編の2/3ぐらいの分量が、世界説明用の子供時代編になっているため、物凄い間延び感がしてしまいます。

逆に、子供時代のキャラに寄り添って、因習モダン・ホラー的に読もうとすると、大人編でのキャラの記号っぷりが辛いです。

|

« J.G.バラード「クラッシュ」(創元SF文庫) | Main | 「モンスターハンターポータブル 2ndG」(カプコン)ファースト・インプレッション »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/40754469

Listed below are links to weblogs that reference 貴志 祐介「新世界より(上)(下)」(講談社):

« J.G.バラード「クラッシュ」(創元SF文庫) | Main | 「モンスターハンターポータブル 2ndG」(カプコン)ファースト・インプレッション »