« 久世番子「番線~本にまつわるエトセトラ~」(ウンポコ・エッセイ・コミックス) | Main | 「狂乱家族日記」/「二十面相の娘」/「純情ロマンチカ」/「ファイアボール」/「かのこん」/の第1話感想 »

SFマガジン2008年5月号「海外SFTVドラマ特集」

1時間もののドラマは、アニメ以上に敷居が高いですが、「HEROES」の1話ぐらい見てみるかな?

連載 朝松健「魔境」☆1
斎藤道三まで、登場して、いよいよ親しみやすく。

連載 梶尾真治「誓いの時間」☆0
前回の続きで、閉鎖的なムラ社会話ですが、少女キャラが話を動かす切掛けになるのかな?

藤田雅矢「トキノフウセンカズラ」☆0
今回の植物は、日常から始まる短編で語るには、スケールが大きすぎて、説明で終わってしまった感が。

草上仁「生煙草」☆0
説明的ショートショート。

野尻抱介「南極点のピアピア動画(後編)」☆0
前編と同じく、宇宙開発ものの部分に共感できないと、トッピングされた、電車男パロ?が不自然すぎ。

小説以外では、宮野由梨香「阿修羅王は、なぜ少女か 光瀬龍『百億の昼と千億の夜』の構造」☆0
「小説」を、作者の個人的事情とからめて、私小説的に説明してしまう、暴露本的な評論。フィクションはフィクションのままにしておきたいので、好みではないスタイルです。ただ、こういうことの対象になるってこと自体、SFが歴史になった、ってことでしょうし、論者が知ったという「個人的事情」自体が、評論上のフェイクかも、と邪推すれば、楽しめます。

|

« 久世番子「番線~本にまつわるエトセトラ~」(ウンポコ・エッセイ・コミックス) | Main | 「狂乱家族日記」/「二十面相の娘」/「純情ロマンチカ」/「ファイアボール」/「かのこん」/の第1話感想 »

SFマガジン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/40917467

Listed below are links to weblogs that reference SFマガジン2008年5月号「海外SFTVドラマ特集」:

« 久世番子「番線~本にまつわるエトセトラ~」(ウンポコ・エッセイ・コミックス) | Main | 「狂乱家族日記」/「二十面相の娘」/「純情ロマンチカ」/「ファイアボール」/「かのこん」/の第1話感想 »