« 凛として時雨「Telecastic Fake Show」 | Main | 吉村 萬壱「バースト・ゾーン-爆裂地区-」(ハヤカワ文庫SF) »

新谷良子「CrossingDays」

現状(8話まで)のような、美少女との緻密な日常描写を楽しみに見つつ、終盤になると、この楽しさは無くなってしまいそうな予感に怯えている)アニメ「紅」。そのエンディングテーマです。

新谷良子の曲を聴くのは、Galaxy Angelがらみの曲以来です(人間ぽい歌い方になった気が。)

「ラジオ・スターの悲劇」を連想させるシンセのイントロといい、高速のエレ・ポに、早口言葉のような詞に、ギターが絡むつくりといい、これぞ、アキバ系と言う印象の曲です。美少女との幸せな空間を彩るB.G.Mとしては、最適。

C/W「手のひらの太陽」も、シンセがキラキラ系の曲ですが、表題曲と比べるとバンド色が強く、エンディングっぽい緩やかさです。

|

« 凛として時雨「Telecastic Fake Show」 | Main | 吉村 萬壱「バースト・ゾーン-爆裂地区-」(ハヤカワ文庫SF) »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/41308074

Listed below are links to weblogs that reference 新谷良子「CrossingDays」:

« 凛として時雨「Telecastic Fake Show」 | Main | 吉村 萬壱「バースト・ゾーン-爆裂地区-」(ハヤカワ文庫SF) »