« ひろやまひろし「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」(角川コミックス・エース) | Main | ジェイソン・ムラーズ「アイム・ユアーズ」 »

伊坂幸太郎「死神の精度」(文春文庫)

「旅路を死神」は、「いい話」臭が消えていて良し

「死神」が出てくる、ちょっといい話系の短編連作。

「死」の扱いの安直さ、表題作女性内面描写の平板さ、作中時間不連続トリックで纏めるあたりは、以前の印象と変わらずで、残念。こういうジャンルと、思って読むより仕方がないのかも。
本作中では、ロードムービーもの「旅路を死神」が、厨房的痛々しさ丸出しのチンピラキャラ、森岡のおかげで、やや、「いい話」臭が消えていたのが、良かったです。

内面のない美形主人公は、映画版キャスト&本作表紙の金城武に対する、わたしのイメージに近くて、チンピラに引っ張り回される情けないキャラが、浮かびやすかった、という事情もありますが。

|

« ひろやまひろし「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」(角川コミックス・エース) | Main | ジェイソン・ムラーズ「アイム・ユアーズ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/41290172

Listed below are links to weblogs that reference 伊坂幸太郎「死神の精度」(文春文庫):

« ひろやまひろし「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」(角川コミックス・エース) | Main | ジェイソン・ムラーズ「アイム・ユアーズ」 »