« トニー・アレン「ラゴス・シェイク~トニー・アレン・チョップ・チョップ」 | Main | ジェフ・ライマン「エア」 (プラチナ・ファンタジイ) »

「マクロスF (フロンティア) O.S.T.1 娘フロ。」

May’nの最初の3曲の高揚感が素晴らしい

アニメ「マクロスF (フロンティア) 」のサントラ。

本編は、お話自体は安直な気がしつつも、目まぐるしく動く美麗CGと、高音女性ボーカル曲をB.G.M.に敵を倒す、シューティングゲーム的高揚感に溢れる展開につられて、見終わった瞬間は面白かったような気がしてしまう、未だ、評価に困る作品です。

サントラに収録された、高音女性ボーカル曲を目当てに購入。

ヒロインその一、シェリル・ノームの歌を担当する、May’nの最初の3曲の高揚感が、素晴らしいです。

ドラムロールの大盤振る舞いで、「ヒーロー(朝倉未稀)」っぽい大仰さの、「Welcome To My FanClub's Night!」から、80年代風シンセの音が分厚い「What 'bout my star?」、マクロス的には「0-G LOVE」的スピード感に溢れた「射手座☆午後九時Don't be late」までの3曲は、派手に盛り上がります。(かつてF.E.N.であったような)観客歓声を合成した偽ライブバージョンになっているのも一興です。

ヒロインその二、中島愛の曲は、(現時点ではシェリルに比べるとキャラの弱い)新人アイドル役ということもあり、素朴なシンセ伴奏のポップ「ニンジーン Loves you yeah ! 」など、可愛らしい曲が中心です。同じ、「What 'bout my star?」も、こちらは対比的に、ロッカ・バラード風の落ち着いた味付けになっています。

ヒロインの歌に加え、坂本真綾「プラチナ」の高揚感に、下世話さを加えたような、オープニングらしさ全開の名曲「トライアングラー」まで、収録してくれていて、何ともお買い得感に溢れているCDでした。

あとは、アニメ本編が失速しないと良いなぁ…

|

« トニー・アレン「ラゴス・シェイク~トニー・アレン・チョップ・チョップ」 | Main | ジェフ・ライマン「エア」 (プラチナ・ファンタジイ) »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/41584166

Listed below are links to weblogs that reference 「マクロスF (フロンティア) O.S.T.1 娘フロ。」:

« トニー・アレン「ラゴス・シェイク~トニー・アレン・チョップ・チョップ」 | Main | ジェフ・ライマン「エア」 (プラチナ・ファンタジイ) »