« 吉村 萬壱「バースト・ゾーン-爆裂地区-」(ハヤカワ文庫SF) | Main | 石野真子「シングル・ヒット・メドレー1」 »

SFマガジン2008年7月号「アーサー・C・クラーク追悼特集II」

新訳と言われましても…

アーサー・C・クラーク「太陽系最後の日」/「星」/「太陽からの風」
既訳作品の改訳(とはいえ、訳で変わる作風でもない気が)。描き出される「風景」の斬新さがクラークの魅力と思うので、再読の懐かしさはプラスにならず。今の作品としては、☆1:0:2

野尻抱介「黎明期の出会いII」☆0
「2001年宇宙の旅」はパロられ尽くされているから、普通のキャラクターでは笑えず。

小川一水「青い星まで飛んでいけ」☆1
壮大なスケールのコミュニケーションもの。分量故に、段取り的なのが残念。

連載 朝松健「魔境」☆1
過去改変の争いが具体的で、イメージしやすく。

連載 神林長平「アンブロークンアロー」☆1
不条理小説でも、登場人物が客観的なので読みやすい。

連載 山本弘「地球移動作戦」☆0
女性型AIとの会話で、背景説明設定。お話はこれから。

|

« 吉村 萬壱「バースト・ゾーン-爆裂地区-」(ハヤカワ文庫SF) | Main | 石野真子「シングル・ヒット・メドレー1」 »

SFマガジン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/41418719

Listed below are links to weblogs that reference SFマガジン2008年7月号「アーサー・C・クラーク追悼特集II」:

« 吉村 萬壱「バースト・ゾーン-爆裂地区-」(ハヤカワ文庫SF) | Main | 石野真子「シングル・ヒット・メドレー1」 »