« 田中ロミオ「AURA ~魔竜院光牙最後の闘い」(ガガガ文庫) | Main | 「田村ゆかり LoveLive *Chelsea Girl*」 »

フジロックフェスティバル2008(7/26土)

雨無しで助かりました

朝5時起きで、朝一の新幹線を使っただけ有って、15分待ちでシャトルバスに乗れてラッキー。餅豚丼は卵かけご飯のような味でしたが、ブロバンス風チキンとフライドポテトは、肉軟らか目で良い感じ。

3年前は行っていなかったレッド・マーキーにてモンゴル800。道徳的歌詞のメロコアは、合唱で盛り上がるのにはいい感じ。ギターがスカや沖縄音階を入れたりと、歌謡バンクで盛り上がる以外の曲ではメロディ弱めでしょうか、と思ったところに、ユニコーンの名曲「大迷惑」のカバーとは相手が悪すぎます。MCは「苗場は沖縄より暑い!」とのことでしたが、屋根有り会場の通気の悪さも一因。

イースタンユースが、耳に痛すぎるギターをかき鳴らしているグリーンステージを横断し、ホワイトステージにて、凛として時雨。直立不動の中村345がCD同様のハイトーンなのを確認出来ただけで満足。演奏はブレイクが格好良いです。MCは「早起きありがとう」ぐらいで、極小。

続けて、ASPARAGUS。アコギと、巻き舌英語詞ボーカルのポップロックで、Riddim Saunter風でしたが、客弄りが学生バンド風のMC後、エレキギターに持ち替えてからは、メロディ指向より、結構ハードな感じに。

ジプシーアバロンで、草の上で横になりつつ、サーモン&ガーリックwithアニョ。島唄にコンガ、ベースも入ったワールドミュージック展開の音楽は聴きやすかったですが、MCが滑り気味。

苗場食堂で、巻きソーセージを食します。予想通りの味。

フィールドオブヘブンで観たベティ・ラベットは、女性ソウルながらブルース臭が強くて、ちょっと辛いノリ。バックバンドのメンバーのコーラスが結構しっかりしていたラストのロッカバラードと、弾きまくりキーボードソロが良かったです。

オレンジコート沖仁スモーク・オン・ザ・ウォーターのリフをフラメンコギターでやったりと、客層に合わせたツカミのネタを入れつつ、ギター×2、パーカッション、手拍子2人でポリリズムという、編成。演奏力自慢の早弾き大会ではなく、メロディがはっきりしていて聴きやすく。「雨上がりのマーチ」のあたりでは、霧にけぶる山から日差しが差し込んできていて、雰囲気による印象プラス修正も付きました。観客の盛り上がりに「いつもは固唾をのんで見守っているので、盛り上がってくれると嬉しい」とのコメントにも好感度アップ。
ラストの大作、ファンタズマでは、禁じられた遊びのフレーズ有り、サリフ・ケイタ風の裏声有り、フラメンコダンス有り、強力なリズムのパーカッション有りと、盛りだくさんで、面白かったです。ライブ盤が出ているようなので、CD聴いてみます。

ホワイトステージに戻ってズートンズ。ブルースロックのインプロビゼーションを、今風にした感じ。グルーブもメロディもありませんと、ちょっと、聴くのが辛いです。常に全開吹きまくりの女性サックスと、暴れ太鼓ドラムの単調さが象徴的でした。ラストの曲前で、ボードウォーク経由でオレンジコートへ帰還。

ジャネット・クラインは、フィドルとギター伴奏で、20年代風といいますか、映画「ベルヴィルランデブー」サントラを連想しました。音楽スタイルとしては一種類ですが、伴奏メンバーとのデュエット曲はじめ、男性ボーカル曲やインスト、日本語曲等を交えて飽きさせず。ジャネットの振付も可愛らしく。

ビーフアンドチキンケバブライス?を食します。肉は硬いが食べごたえは有りました。

目当てマーク・スチュワートは、バックバンドのマフィアに加え、ミキシングをエイドリアン・シャーウッド(ドラムのエコー深すぎ)が担当して、1st制作陣そろい踏み。1曲目から、1st収録曲の「リバティシティ」で、新譜曲の中でも、「There Are No Spectators」「Thief Of Fire」といった、ザ・ポップグループ時代のフレーズを入れてくるという、嬉しい展開。巨体でステージをのそのそ歩くマークも不気味でしたが、ドレッドを振り乱して、重く不規則なベースを弾きまくるダグ・ウィンブッシュがひたすら格好良く。

フィールドオブヘブンレタス(落ち着いたグルーヴ)と、グリーンステージアンダーワールド(通路部まで人が溢れていて、人気を痛感。「弐番目のタフガキ」は、CDで聴くと飽きてしまいましたが、こういう場で景気よく盛り上がるには良いですねぇ。)に後ろ髪を引かれつつも、バス、タクシー待ち時間に怯えて、撤収(シャトルバスで越後湯沢駅+タクシーで宿へ向かうため)。

3年前の雨がトラウマになっていますので、つい弱気な選択を取ってしまいましたが、一日通して、雨も降らず、持参した雨具は使用せず。レッドマーキー内を除いては暑すぎることもなく、快適な一日を過ごせました(日曜日は大変だったようですが…)。

|

« 田中ロミオ「AURA ~魔竜院光牙最後の闘い」(ガガガ文庫) | Main | 「田村ゆかり LoveLive *Chelsea Girl*」 »

ライブ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/41999600

Listed below are links to weblogs that reference フジロックフェスティバル2008(7/26土) :

« 田中ロミオ「AURA ~魔竜院光牙最後の闘い」(ガガガ文庫) | Main | 「田村ゆかり LoveLive *Chelsea Girl*」 »