« フランク・シェッツィング「深海のYrr」(ハヤカワ文庫NV) | Main | フジロックフェスティバル2008(7/26土) »

田中ロミオ「AURA ~魔竜院光牙最後の闘い」(ガガガ文庫)

妄想を勇気に変えてゆく主人公が眩しい
2ch用語邪気眼系の痛々しい妄想少女のトラウマを解放する、っていうギャルゲーっぽい(Kanon川澄舞を連想)お話。

設定やキャラに、特段変わったものはないのですが、この種の話の場合、妄想を対象化してみせるべき立場の主人公が、妄想少女たちに対して、当事者意識があり過ぎるという立ち位置が魅力です。そのせいで、ギャグにも、他人事にも、心理学的分析で解った風もなり切れず、鬱憤を溜め、苦悩していくドラマがあります。主人公が、等身大の苦悩をする分だけ、「涼宮ハルヒの憂鬱」的なメタSF臭は抑えられていているので、終盤のラブコメ的な展開も、(メタっぽい話を纏める手段としてのベタ=ラブコメみたいな)図式的な厭らしさは感じませんでした。

妄想を勇気に変えることで、現実をほんの少し変えていく、眩しいくらいのハッピーエンドでは、主人公たちを祝福出来て、なんとも心地良かったです。

|

« フランク・シェッツィング「深海のYrr」(ハヤカワ文庫NV) | Main | フジロックフェスティバル2008(7/26土) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/41968992

Listed below are links to weblogs that reference 田中ロミオ「AURA ~魔竜院光牙最後の闘い」(ガガガ文庫) :

« フランク・シェッツィング「深海のYrr」(ハヤカワ文庫NV) | Main | フジロックフェスティバル2008(7/26土) »