« 映画「狂気の海」 | Main | 「スケアクロウマン」/「西洋骨董洋菓子店~アンティーク~」/「鉄腕バーディー DECODE」/「薬師寺涼子の怪奇事件簿」/「ストライクウィッチーズ」/の第1話感想 »

SFマガジン2008年8月号「スプロール・フィクション特集IV」

IIIから3年ぶり。ミステリマガジン2008年8月号「特集 幻想と怪奇 作家の受難」のほうが…ジャンル度高?

ベンジャミン・ローゼンバウム「蟻の王」☆0
オフビート青春小説の中に、ランダムにIT用語を配置する、という実験?

クリストファー・バルザック「卵の守護者」☆0
生真面目な書きぶりなので、奇譚の面白さは無く、設定から寓意を読み取れ、といわんばかり。

アラン・デニーロ「テトラルク」☆0
オサレ音楽ねた。

バース・アンダースン「テオティワカン」☆0
死を受け容れられない少年の幻想?コアトル神など言葉のイメージで押すのも、この短さなら有りでしょうか。

エカテリーナ・セディア「腸抜き屋」☆0
機械擬人化ものとしてのディティールを描写していないので、ジャンル小説としての面白さは無くて、「人間性」を特別視すべきでない、という理念の説明。

ホリー・フィリップス「眠りの宮殿」☆0
不条理ファンタジィ?

連載 山本弘「地球移動作戦」☆0
気の強い少女テンプレートで、基本設定説明。説明口調は、あえて、オールドSF風にということなのでしょうが…

桜坂洋「ナイト・オブ・ホーリーシット」☆0
語り手の年齢が上がった分、セカイ系痛々しさは後退していますが…

吉田親司「巨橋崩壊 マザーズタワー 序章」☆1
序盤のみ掲載というスタイルは好きになれませんが。ロシア人改造兵士のバトル描写とか、ラノベ的な解りやすさが有ります。年齢不詳の聖女に見えない挿絵は、仕方無いところでしょうか。

|

« 映画「狂気の海」 | Main | 「スケアクロウマン」/「西洋骨董洋菓子店~アンティーク~」/「鉄腕バーディー DECODE」/「薬師寺涼子の怪奇事件簿」/「ストライクウィッチーズ」/の第1話感想 »

SFマガジン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/41780154

Listed below are links to weblogs that reference SFマガジン2008年8月号「スプロール・フィクション特集IV」 :

« 映画「狂気の海」 | Main | 「スケアクロウマン」/「西洋骨董洋菓子店~アンティーク~」/「鉄腕バーディー DECODE」/「薬師寺涼子の怪奇事件簿」/「ストライクウィッチーズ」/の第1話感想 »