« July 2008 | Main | September 2008 »

映画「グローバルメタル」

「海外ネットワーク」のエンディングと同じ乗り
英米以外でのヘヴィメタル受容に関するドキュメンタリ。

ブラジル、インド、中国、インドネシア、イラン、イスラエル(あと、日本も)等の場合について、各国15分位で説明する構成です。

日本以外のどの国の場合も、独裁者や戦争などの社会不安・抑圧に対する自由の象徴としての音楽(ヘヴィメタル)という明確な図式が、繰り返し説明されるので、解りやすい内容の映画です。紹介されたどの国のヘヴィ・メタルも、ツインリード的分厚いギターリフに、リズム感ゼロのドラムがドスドスいう、同じような音。なので、どの国でも事情が同じってことが音から伝わってくるという、ヘヴィ・メタルのスタイル硬直性を逆手に取ったナイス・アイデアでした(監督はアイアンメイデンが最も好き、とのことで、プログレ系テク自慢、ミクスチャ系、LAメタル等の傍流を、あえて無視している所為でもありましょうが)。

受容がテーマなので、インタビュー対象は、送り手のミュージシャンよりも、受け手側にあたるグッズ屋や、ファンが中心です。各国ロック・フェスでの取材を各所に交えているため、ロック・フェスの祝祭感にあてられて、ポジティブ度過剰になってしまっているということも、あるのですが、インタビューイ達は、非常にポジティブ。目がキラキラしているヘヴィ・メタルの各国ファンを見ていると、ヘヴィメタル界で、(年齢無関係に)ファンを「キッズ」と呼ぶことを思い出し、子供へのインタビューは見ていて和むなぁ、と思ってしまいました。

例えば、NHKに「海外ネットワーク」という、海外状況紹介番組があります。番組本編は、酷い状況を展望無く説明して終わりみたいな、暗めの展開が多いのですけれど、エンディングは、各国の子供が、目をキラキラさせながら将来の夢を語るインタビュー形式で、日曜夕方の一家団欒的世界観に強引に戻させるような、和みっぷりなのです。

本作でのヘヴィ・メタル・キッズへのインタビューも、「海外ネットワーク」エンディングと同じノリ。正直、TVドキュメンタリー感は強く、映画として観るようなものかなぁ、という気もしますが、観ていると、非常に、和むのは確かです。

ただ、唯一、日本パートだけは、和む、ことは出来ませんでした。サラリーマンのディープ・パープル熱唱とか、ヴィジュアル系の原宿・秋葉原コスプレとかいった、ヘビメタ(この略語も蔑称的ですけど)の奇妙な土着化を、珍獣見物するような感じになっていて、(日本人としては、)見ていると痛々しくなるノリなのでした。

勿論、日本の場合、他国のように(独裁者とか)解りやすい敵がいる抑圧構造では無い以上、どうしても屈折が入ってしまい、それが、奇妙な土着化を生んでいるのだとは思いますが、映画の中では、かなり浮いてしまっています。もっとも、他国パートの目がキラキラなインタビューばかりだと、観ていて疲れるというのも確かので、箸休め的存在にはなっていますけれど。(2008.09.02 てにをは等一部改稿。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画「テネイシャスD 運命のピックをさがせ!」

苦手なギャグ映画で楽しめず

 

「スクール・オブ・ロック」同様、ロックを勉強するジャック・ブラックの話。

 

冒頭の家族ねたシーンが、ザ・フーのロック・オペラ「トミー」映画版の冒頭っぽくて、他の箇所でもザ・フーねたはあるものの、他のロック固有名詞は、ヴァン・ヘイレン等、ハード・ロック方面ばかりで異彩を放ってしまっていることもあり、引用に敬意を払う生真面目なロックお勉強感に、かなり、引いてしまいました。

 

内容は、相棒カイル・ガスとのバンド、テネイシャスDの話ということになっているのですが、演奏シーンは、ドラム無しのアコギ2本で、オペラ的にリズム感無く、歌い上げるだけなので、あまり、ロックという感じはせず、(足踏みとかでリズム取ったりすれば、だいぶ違う筈ですけど。リズム無頓着なのは、ハードロック趣向だからかなぁ)音楽的魅力は伝わってきませんでした。

 

音楽を肴にしたギャグ映画として観ようとすると、作中、カイル・ガスの、ハゲが見張って失敗するエピソードが2度あるのですが、悲惨なだけで笑えないし、その話を後に繋げないので、辛さを乗り越える、コミカルな成功物語にもなっていなくて、単に意味不明のダレ場になってしまっています。ジャック・ブラック側主導のシーンと量的なバランスを取ったってことかもしれませんが、ジャック・ブラック側も、特訓で失敗するエピソードの後、特に笑われずににヒーロー一直線なので、演奏家キャラの下品なギャグものとして、観るべきか、コミカルな成功物語として観るべきかは、最後までよく解りませんでした。

 

ジャック・ブラックだけがヒーローで、カイル・ガスだけ笑われ役な差別構造は、「スクール・オブ・ロック」の気弱家主との関係を思い出してしまい、観ていて辛かったです。終盤のカーチェイスも、「ブルース・ブラザース」をリスペクトしたいだけに見えて、楽しめませんでしたし。

 

正直、一番笑えたのは冒頭のTHXパロディなのですけれど、わたしが(映画ネタの映画内パロディ)観ていないだけでありがちな、映画のロゴねたなんでしょうから、その点を持ち上げる気にもなれず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スライ&ザ・ファミリー・ストーン「暴動 「Limited Edition」」

「本当に来るのか?」

31日昼の東京JAZZ公演のチケットは押さえたものの、(ドラッグで身を持ち崩して幻の人になった、という伝説をメディアから洗脳され続けてきたので、)未だ、「本当に来るのか?」感はあります。

そんな、スライ&ザ・ファミリー・ストーンの復習を兼ねて、と、未発表曲を目当てに、名盤「暴動」の買い直し。

「初デジタル・リマスター」とのことですが、以前のCDに較べれば、確かに本作もクリアになったものの、オーヴァーダビングで作られた元々の音自体が、くぐもった音質のアルバムなので、印象はあまり変わらず。

未発表曲の中では、優しげなリズムボックスの上で、ファンキーなベースが暴れるインスト「ドゥ・ユー・ノウ・ホワット?」が、ラストのぶつ切れ的終わり方も含めて、格好良いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

柳原望「まるいち的風景 全2巻」(白泉社文庫)

完結残念

 

ロボットSF漫画の文庫化。

 

続きを待ち望んでいたのですが、…「完結」とのことで、残念です。単行本未収録作と、書き下ろし目当てに買い直し。

キーボード・マクロ的な模倣ロボットのアイデアは、「スロー・ガラス」的に、ジャンルで共有して欲しいぐらいでしたが、作者にとっては、設定・アイデアありきでは無く、描きたい家族・人情噺の素材、だったのでしょう。「大人のおもちゃ」「~変わりゆく世界~」といった単行本未収録作が、過去に描かれた話の後日談的エピソード、というのも、作者にとって描くべき話は既に描いてしまった、ってことを窺わせます。

それでも、また、新作を描いて欲しいですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画「ダークナイト」

「ダークナイト・リターンズ」的なものを期待しなければ…

バットマン映画。

前作(未見)が「イヤーワン」的内容らしいというのと、本作タイトルだけで、フランク・ミラーの傑作「ダークナイト・リターンズ」的男のやせ我慢ドラマを期待したのが愚かでした。冒頭で、「バットマンの息子たち」っぽい偽バットマンが出るのは嬉しかったですが、「…リターンズ」っぽいのはそれぐらい。

話は、ジョーカーの手の上で踊らされ続けるバットマン&警察側というもの。ジョーカーは、非常に強そうに描かれていますが、悪の天才というよりは、周りが馬鹿すぎといった感じ(時限爆弾が好きなジョーカーに、携帯電話渡すのは頭が悪すぎますし、寝取られキャラで見せ場の無いトゥーフェイスは完全に道化ですし…)で、作者に愛されたキャラの強さを観ているようで、凄みは感じられませんでした。

対するバットマン側の戦闘は、スピーディでもなければ、美しくもなく。バットマンの作戦がうまく運んだのは、金にあかせて中国人を誘拐するところだけという情けなさで、物語上の鬱屈を溜めるパートに堕しています。結果、バットマンがドタバタしても、うまくいかず、苦悩する素顔(ブルース・ウェイン)というシーンが延々と続くのですが、素顔役のクリスチャン・ベールが、無表情系(リベリオンの時も、ガンカタ設定以外は、棒立ち演技の人だった気が…)なので、苦悩は、伝わってきませんでした。

終盤、伏線ゼロの唐突さ(それまでの苦悩とも無縁な感じ)で、警察側の裏切りや、民衆の善意賛歌が描かれますが、唐突すぎて、驚きより、不思議な印象を受けるくらいで、ドラマ性は薄かったです。民衆が支えるヒーローという「スパイダーマン2」系9/11以降の国威高揚映画な図式は、今風ってことなのもしれませんが、「バットマン」という「個」で無くても成立する話になってしまっていて、見ていて、辛かったです。

メロディ無く、打楽器の連打で、テンションを上げるだけの音楽は、やっぱり、ハンス・ジマー。ドラマ性の薄い、この映画に良く合っていました。

8/3 ワーナーマイカル新百合ヶ丘にて鑑賞。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジョージ・R・R・マーティン「乱鴉の饗宴(上)―氷と炎の歌 4」(早川書房)

ブライエニーの戦うパートが格好良い
架空中世戦国小説の、4巻目。

1巻,2巻3巻と同様、相変わらずの多視点同時進行ですが、超光速通信とか無いファンタジィ世界は広いので、上巻では、各キャラの交流はほぼ無しですが、大したイヴェントが起こっている訳でもないのに、キャラで読ませるマーティン節のおかげで、楽しく読めました。

上巻では、なんと言っても、ヴァリリア鋼の剣の切れ味が最高な、ブライエニーの戦うパートが格好良いです。師の教えを回想するシーンで、「姫」と呼ばれているのと相まって、この世界で生きるにはお人好し過ぎな(Fateセイバー的)不器用剣士キャラが炸裂しています。上巻では唯一、幻想的な趣のあるアリアの修行パートも良かったです。

上巻は、サーセイのパートが一番多く、サーセイの誰彼構わず罵りまくる(父親の死顔まで罵る)キャラは、正直ウザいのですが、結構失敗していて、ゲームとかで目先の利益ばかり追求して破綻するパターンを見ているようなニヤニヤ感があるので、有りかなぁ。

小説内容以外では、訳者変更で代名詞が減ったせいか、読みやすくなった反面、「夜警団」から「冥夜の守人」といった具合に、訳語を意訳風に総入れ替えしたのには、びっくり。「新しい太陽の書」の惑星ウールスが、当初、地旧と、紹介されていたような感じでしょうか。さらに、カタカナ人名を、「ブリエンヌ」から、「ブライエニー」に変えるのは(登場人物が無茶苦茶多いこの小説では特に)辛かったです。カタカナって発音記号じゃないとは思いますし、ミュージックマガジン誌での「カート・コヴェイン(コバーン)」や、スターログ誌での「クーブリック(キューブリック)と呼ぼう」等といった、選民意識が痛々しいノリを思い出したりしましたが・・・流石に、上巻読み終わる位で、新名義にも慣れてきました。

文句有るなら原書で読め、と言われると弱い立場でもありますし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サケロック「会社員と今の私」

ハマケンの脱力っぷり

2曲+フリートークのシングル。2曲とも舞台のオープニング曲とのこと(小劇場系のオープニング曲をサントラ化すること自体、ちょっと意外でした)。

星野源のマリンバが軽快に響く「会社員」は、(サケロックらしいオサレ感も微妙に混じった)行進曲風の曲で、出勤前に聴きたくなる感じです。もう一曲の、「今の私」は、ハマケンの相変わらず脱力し過ぎてユルユルのトロンボーンが、もの悲しいメロディにうまく嵌っています。

iTunesMusicStore買いしなかったのは、CDのみ収録の「サケロックのラジオ・ラジオ」を聴きたかったから。別テイクやデモテープを肴にした、メンバーのフリートークが1時間強あって、差額分の価値は十分ありました。デモテープという題材があって喋りが続くのと、ハマケン弄りという定番ネタのおかげで、(素人喋りにありがちな)グダグダ感は少ないです。

特に、ラストの「段ボール肉まん」での、打ち込みファンクを伴奏に、ジェームズ・ブラウン風に熱唱するハマケン「押し語り」っぷりには脱力しつつも、その暑苦しさに、何度聞いても笑ってしまいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「Fate/Zero Material」(Type Moon)

「Fate/Zero」を読み返す気にさせる設定資料集
「Fate/Stay Night」初回版付属の、設定資料集「Side Material」と同装丁、同趣向の「Fate/Zero」設定資料集。ゲーマーズにて購入。

用語集、作者対談、キャラ設定、メカ設定と、盛りだくさん。元々、ファンブック的楽しさのある「Fate/Zero」のファンブックなので、細部が楽しいです(対談での、キャライメージ元が仮面ライダー龍騎の浅倉っていうのに、納得したり)。巻末のSDキャラ化したサーヴァントや、挿絵の無かったサブキャラなど、イラストの多さも嬉しいところ。

「Fate/Zero」、また、読み返してみようかな。電子メディアの「Fate/Stay Night」より、再読が楽ですし。

(最近、電子メディア小説「WHOLE SWEET LIFE」を毎日楽しみにしていて、3/14分での更新時間を使ったツンデレ表現など、電子メディアならではの表現~それを初めて痛感したのが「Fate/Stay Night」でしたが~に驚くことは多いのですが、再読の気楽さは、未だ、紙メディア小説の優位性として残っているかと。)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画「崖の上のポニョ」

「絵」は良い、おとぎ話
また、当初の問題をほっぼり出して、暗いトンネルを抜ける話ですか。誰か、新しい心理学の教科書でも買ってあげてください、等と憎まれ口を叩きたくなりますが、前作等と同じ、スタジオジブリ宮崎駿作品のスタイルということで。

さすが、スタジオジブリ宮崎駿作品といいますか、ポニョ人間体が、魚に乗ってやってくるシーンは、躍動感が素晴らしいです。ストーリーは無くとも絵で魅せる「短編アニメーション」ぽい風情があります。

ただ、ストーリー面は弱いです。

自然だけ、色鉛筆タッチにしたり、汚いものを省略した綺麗なアニメワールドの中、海のゴミだけ説明的に画面に入れたり、と、流行のエコ描写を序盤で強調していて、そこと繋がる、人類VS魚(イコール自然)な世界観を持ったマッドサイエンティスト風父親が、ストーリーや設定の説明役になる筈なのですが…1時間40分という尺の問題もあったのでしょうか。ディズニー人魚姫風母親の登場以降、何故か、マッドサイエンティスト成分が抜けて、後半は只の善人父親になってしまいます。そのせいで、架空設定上の対立を、善悪で捉えるべきか、運命的にみるべきか、よくわからないまま、例のトンネル抜けで対立を解消して、物語は終わってしまいます。

父親キャラの不自然さは、父親役の所ジョージが、架空設定をそれっぽく見せる設定説明役を演じるのにはカリスマ不足だった(舞台俳優とか、異物感の出せる声優であれば、あるいは…)ってこと。ただ、(中の人の)パブリックイメージに近い善人父親役の声としては、健闘していますし、「脚本:宮崎駿」の粗雑さが、父親キャラのところで、露出してしまったということで、所ジョージの責任にしたくはないですけど。

ともあれ、架空設定が説明不足なせいで、架空設定上、起こっている筈のサスペンスを、全て、おどろおどろしい音楽が鳴っていることで説明しており、音で誤魔化す安直な映画、といった印象になっています。久石譲の音楽の魅力である、叙情的メロディの生かし処も無くなっていますし、「絵」以外は、正直、見どころのない作品でした。

象徴的なのは、架空設定上の必然も、善玉へのご褒美といったメタ上の必然も無く、老人達の不自由だった足が治ってしまう願望充足ぶり。(女性がスカートをはかない異世界を創出した)「ストライクウィッチーズ」並の強引さでしたが、そのレベルの(おとぎ)話と思えば、まぁ、腹も立ちませんけれど。

8/3 ワーナーマイカル新百合ヶ丘にて鑑賞。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「田村ゆかりファンクラブイベント2008~ときどきメモワール2~」

いつもの+森井くん

今年の企画は、客席選択のインタラクティブ展開でした。意図していたらしいときメモ2トリビュートというより、三島プロデューサの学生服など、実写ADV特有の間抜け感のほうが面白かった気が。とはいえ、恒例の運動会も有り、いつものノンビリとしたイベントでした。

音楽的な面も、今年は、普通にカラオケで「チェルシーガール」とかを歌ってくれて、大盛り上がり(アコースティックVerではないものは、私が参加した分では初めて)。

只、一番面白かったのは、最後、写真撮影中の待ち時間。やさぐれたキャラで、延々と、森井くん(キングレコード広報。冒頭の注意放送から、顔に墨塗ってボブ役等、大活躍。)弄るコントや、一昨年同様、客席が合唱する、「Fancy Baby Doll」での(通常版と違う)掛け合いや、ゆかり王国国歌での「めろーん」まで応じてくれたのは、本当に楽しかったです。

2008.08.09 中野サンプラザにて参加。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

YOUR SONG IS GOOD「The Action」

前作っぽいのは、「THE HEY!」位
3rd。
先行シングルからも予測はしていましたが、ザ・ジャム「イートンライフルズ」を思わせるギターが印象的な一曲目「THE KIDS ARE ALRIGHT」から、一本調子のリフで押す展開のアルバム。メロコアというには歌謡曲的サビ力が無く、ファンクという程グルーヴが有る訳でも無いので、中途半端にパンキッシュというか、煩い音楽になった気がします。

ステージでの盛り上がりを重視した造りなのかもしれませんが、2ndのような楽しさが出ている曲は、終盤の合唱曲、「THE CATCHER IN THE MUSIC」「THE HEY!」(メロディが良)位なので、寂しかったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SFマガジン2008年9月号「中国SF特集」

「赤い国旗(30頁)」、「日本人特有の頑なさ(65頁)」といった日本描写を気にするのは勘ぐり過ぎでしょうか

韓松「水棲人」☆0
指示代名詞が多すぎる文章と、擬音多用の所為で安っぽい印象。元の小説が拙いのか、訳の所為なのかは、解らなかったですが。

劉慈欣「さまよえる地球」☆1
キャラクターが弱いまま、設定のスケールだけ大きい話なので、寓話っぽく。

江波「シヴァの舞」☆1
語り手のキャラがあるので、3作中では、一番小説っぽい読後感でした。

連載 山本弘「地球移動作戦」☆0
背景説明が多すぎるため、退場シーンでも、盛り上がらず。

連載 朝松健「魔境」☆1
信長編終了。戦国ものはキャラが解りやすい利点があります。

連載 山田正紀「イリュミナシオン 君よ、非情の河を下れ」☆0
終盤のシーンには、「かもしれない」の連発も無く、読みやすかったです。

草上仁「5017」☆0
文字数のところで、ネタが割れてしまいますが、短いから有り?

再録 今日泊亜蘭「綺幻燈玻璃繪噺」☆2
言葉で、昔の日本雰囲気を出す作品なので、228頁の「言区」われた(ハヤカワ文庫JA版で確認)とか、表示できない文字が、バッテンになってしまっているのが興を削いでいます。それでも傑作ですが。

菅浩江「閃光ビーチ」☆0
設定説明と、化粧議論だけで、物語と呼べるものが無い気がします。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

シガーロス「残響」

アコースティック中心なのが寂しいです。

ライブCDライブDVDを除きますと、「Takk」以来の新作。

日本版ボーナス・トラックの「ヘイマ」も付いていましたので、iTunesMusicStore買い。
先行配信していた、「ゴーブルディゴーク」のP.V.で、ヌーディストが大自然の中を走り回る自然派ぶりだったのには、路線変更?とか思いましたが、音源のほうも、ギターやピアノをちょこちょこつま弾くといった感じの、アコースティックな小品が中心で、ちょっと路線変更っぽい感じ。「ストロイムネス」終盤での、川音とかでは、(苦手だった)コーネリアスの「ポイント」とか連想してしまったりして、ちょっと、好みではない路線変更に見えました。

まぁ、何度も聴いてると、α波が出そうな癒し系アコースティックには、収まらない不気味さ(≒ヨンシーの声の気持ち悪さ)も健在なのですが。

前作のような(プログレ的)壮大な轟音路線は、明るめの高揚感が素晴らしい「インニ・ミェル・シングル・ヴィトゥレイシングル」と、「フェスティバル」の終盤ぐらい。ちょっと、寂しいところです。(「オール・ボート」も盛り上がりは凄いのですが、少年合唱団+オーケストラで盛り上がるのは、反則って気が…)

アコースティック路線の曲では、メロディがハッキリしている「ヘイマ」が、印象に残りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジョン・スコルジー「遠すぎた星 老人と宇宙2」 (ハヤカワ文庫SF)

前作と比べなければ。

駄洒落的タイトルですが、「遠すぎた橋」とは関係無いようで、残念(映画館で観た、最初の海外映画の一つなので、妙に思い入れが。)

前作と同一世界の話。前作の設定を語り直す前半部は、「老人」というオイシイねたで、キャラクタが明確だった前作主人公と違って、素直な優等生キャラの主人公が、ひたすら(前作読者は知っている)説明を受けるだけ、という展開なので、正直、退屈でした。

それでも、操縦士のクラウド中尉や、前作主人公を思わせるひねくれ者のカイネンなどのサブキャラは魅力的ですし、終盤の展開は、(ジャンル定番の自由意志賛歌ですが)感動的ではあります。

設定的には「次巻に続く」エンド、ということもあり、ミリタリーSFのシリーズ中の1作として読んで、快作だった前作と比べなければ、悪くない、といった印象。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「田村ゆかり LoveLive *Chelsea Girl*」

基本的には、「いつもの」
参加した今年春のコンサートを収録したDVD。

基本的には、「いつもの」楽しいゆかりコンサートのパッケージといった感じです。ただ、ライブが、春の新譜お披露目会的位置づけだったこともあって、盛り上がる定番曲が中心のベスト盤的な前作DVDとは、盛り上がり方の印象は、少し変わっているようにもみえますし、打ち込み色の強かった「Lovely Magic」あたりも、生バンドによる伴奏が付いたりもしていますので、今回ならではの、目新しさもあります。いつも、感傷的になってしまう、手を振ってのお見送り場面(アンコール前の「Little Wish~first step~」)に、伴奏が付いているのも、良い感じです。

あと、一部カメラ視点が、ローアングラー的なこともあって、スカートが持ち上がり気味に見える最初の衣装や、遠い2階席からだと迫力無く見えた、「星空のSpica」での炎が、結構大きかったことが解ったり、と、DVDならではの発見もありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »