« 「SFマガジン2008年10月号 <<新しい太陽の書>>読本/野田昌宏追悼特集」 | Main | 大和田 秀樹「ムダヅモ無き改革」(近代麻雀コミックス) »

ジョージ・R・R・マーティン「乱鴉の饗宴(下)―氷と炎の歌 4」(早川書房)

陰惨な世界なのは解ったから、・・・次巻まだ?

上巻に引き続き、戦争継続中。下巻にも、ジョンティリオンといった理性派キャラの登場は無く、逆徒鉄諸島サーセイと、手当たり次第、虐殺&レイプする勢力ばかりが目立ち、陰惨な読後感でした。

世界全体を見通す(意味づける)キャラが存在せず、個々のキャラが、それぞれの立場で殺し合いを続けているだけのパートを、ぶつ切りに見る、という構造の本作では、意味の見えない殺し合い描写を続けて観ることになってしまい、読んでいて、本作の世界が、陰惨な世界だっていうのは、もう、十分解ったから、・・・という気分になってしまいました(ローカス賞を逸したのにも納得)。

ラストを盛り上げる、(何も考えずに、やりたい放題だった)サーセイ没落パートも、ジョフリーを失った経緯を思えば、周りを全く信用出来ない人間的な愚かさ故の没落といえるので、しっぺ返し感を痛快がることも出来ず。

前作でのジョンとイグリッテを思わせる、サムジリの交流や、辛抱強く生きてきたことが、ようやく少し報われそうなサンサのパートが、やや和めて、良かったです。ブライエニーは、下巻でも勇敢に戦っていますが、報われないところも、Fate/Zeroセイバーみたい、と思ったり。

そんな本作を象徴するのは、最終章「そのころ、<壁>の向こうでは・・・・・・」。エピローグ的に、ファンタジィらしい異世界描写サービスシーンがあるものと、期待していたら、作者言い訳コーナー(本作未登場の人気キャラは、次巻に出るので宜しく)だったので、がっかり。(落胆は、早く次巻を刊行して欲しい気持ちの裏返しでもありますが。)

|

« 「SFマガジン2008年10月号 <<新しい太陽の書>>読本/野田昌宏追悼特集」 | Main | 大和田 秀樹「ムダヅモ無き改革」(近代麻雀コミックス) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/42405810

Listed below are links to weblogs that reference ジョージ・R・R・マーティン「乱鴉の饗宴(下)―氷と炎の歌 4」(早川書房) :

« 「SFマガジン2008年10月号 <<新しい太陽の書>>読本/野田昌宏追悼特集」 | Main | 大和田 秀樹「ムダヅモ無き改革」(近代麻雀コミックス) »