« CUBISMO GRAFICO FIVE「PLEASURES」 | Main | サケロック「会社員と今の私の慰安旅行」 »

アレステア・レナルズ「量子真空」 (ハヤカワ文庫)

いつものレナルズ

設定的には、「啓示空間」を引きずっていますが、主人公は、「火星の長城」のネビル・クラバインなので、物語的には、「火星の長城」の続きで、こっちの方が好きなので、ラッキー。(「啓示空間」の主人公、シルベステに会いに行くところで、本作は終わっているので、「啓示空間」の続きは、次巻以降のよう。)

唐突に、宇宙海賊が現れて、ガトリング砲を積んだ宇宙船同士の追いかけっこをしたりして、スペオペ色が強い中、インヒビターの武器描写などで、ハードSFっぽい描写を混ぜる、レナルズ風は健在です。

ファザコン宇宙船乗りのアントワネット・バックス(お嬢呼ばわりされて怒るベタ描写が嬉しい)や、人類を憎みつつ味方してくれるハイパー豚のスコーピオなど、脇役はキャラが明快で、主人公がグダグダしているアニメ風キャラ構成なのも、いつものレナルズ、といった感じ。(本の分厚さも相変わらず。文庫用糊を新しくしてまで、分厚くしなくても…)

|

« CUBISMO GRAFICO FIVE「PLEASURES」 | Main | サケロック「会社員と今の私の慰安旅行」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/42567210

Listed below are links to weblogs that reference アレステア・レナルズ「量子真空」 (ハヤカワ文庫) :

« CUBISMO GRAFICO FIVE「PLEASURES」 | Main | サケロック「会社員と今の私の慰安旅行」 »