« 映画「アイアンマン」 | Main | 「かんなぎ」(MX 土深夜)△×「かんなぎ」/「屍姫 赫」/「ケメコデラックス!」/「とある魔術の禁書目録」/「まかでみ・WAっしょい!」/「スキップ・ビート」/「キャシャーンSins」/「美肌一族」の第1話感想 »

Suphala「Blueprint」/つじあやの「come again」/COMEBACK MY DAUGHTERS「Have Lancho」/うめ吉「どんぐりころころ」/YMCK「言葉にできない」

最近聴いた音楽

Suphala「Blueprint」
タブラ(インド音楽で使われる小太鼓)奏者の3rd。2007年作。

打込リズムに加え、女性ボーカルやバイオリンがメロディを奏でているので、伴奏だけで、主役のタブラが無くても、アンビエント系テクノや、ヒップ・ホップとして成立しています。そこに、効果音的に、叩きまくりのタブラが加わるという、最初から、テクノ・リミックスされたようなワールド・ミュージック。伝統音楽系にありがちな単調さが無く、今の音楽として聴きやすい造りです。

本作中では、タブラの多彩な音色が面白い「Maybe There's A Place Where Someday Just You And I Can Go」ロバート・フリップ風に細かいフレーズを弾くギターと、コクトー・ツィンズ風エコー入り女性ボーカルの耽美な伴奏を、砕くかのようなタブラと気合いを込めた息が痛快な、「The Blank Page」が、特に印象に残りました。



つじあやの「come again」
カバー集「COVER GIRL 2」から、iTunesMusicStoreで一曲つまみ食い。
得意(?)のウクレレは控えめで、ジャズの人っぽいドラムの硬い音が印象的なアレンジ。歌唱力とかより、声質や雰囲気が魅力の人ですが、m-floの原曲も、歌唱力自慢ではないパーティ・ソングなので、ナイスな選曲かと。


COMEBACK MY DAUGHTERS「Have Lancho」
同題シングルから、表題曲を、iTunesMusicStoreで一曲つまみ食い。
国産の米国風パワー・ポップ。なんと言っても、キャッチーなメロディが印象的です。いかにも日本人な感じの英語歌は、どうかという気もしますが、力強いピアノ+綺麗なギターの終盤の演奏も決まっていて、メロディに負けていません。


うめ吉「どんぐりころころ」
カバー集「うめ吉の唄う童謡・唱歌」から、iTunesMusicStoreで一曲つまみ食い。
マンボっぽい伴奏や、声質は、あまり好みでは無いのですが、間奏での、三味線ソロの「どんぐりころころ」部分が、面白いです。


YMCK「言葉にできない」
カバー集「YMCK SONGBOOK -songs before 8bit-」から、iTunesMusicStoreで一曲つまみ食い。

リズムがノイズのファミコン音色でのシンセ伴奏に、エコー掛けまくりの無機質な女性ボーカルという一聴すると楽しい(しかし、capsule同様、すぐに飽きやすそうな)スタイル。小田和正の美声で埋め尽くされた原曲には、どうしても息苦しさを感じてしまうのですが、このカバーでは、無機質な女性ボーカルのおかげで、聴きやすく、曲の綺麗さを堪能できました。

|

« 映画「アイアンマン」 | Main | 「かんなぎ」(MX 土深夜)△×「かんなぎ」/「屍姫 赫」/「ケメコデラックス!」/「とある魔術の禁書目録」/「まかでみ・WAっしょい!」/「スキップ・ビート」/「キャシャーンSins」/「美肌一族」の第1話感想 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/42719102

Listed below are links to weblogs that reference Suphala「Blueprint」/つじあやの「come again」/COMEBACK MY DAUGHTERS「Have Lancho」/うめ吉「どんぐりころころ」/YMCK「言葉にできない」 :

« 映画「アイアンマン」 | Main | 「かんなぎ」(MX 土深夜)△×「かんなぎ」/「屍姫 赫」/「ケメコデラックス!」/「とある魔術の禁書目録」/「まかでみ・WAっしょい!」/「スキップ・ビート」/「キャシャーンSins」/「美肌一族」の第1話感想 »