« SFマガジン2008年12月号「秋のファンタジイ小特集」 | Main | ビリー・プレストン「ライヴ・ヨーロピアン・ツアー」 »

クォーターパウンダー渋谷店

食べ応えはあり

ファースト・フードの新ブランド(ネットでは、マグドナルド電通じゃないの?という陰口も見かけましたけど)。

先日、粗挽きバーガーベッカーズ)の異様な歯応えに感動し、絶品Wチーズバーガーロッテリア)も悪くないと思っていることもあり、高目のハンバーガーもいいかな、ということで、食べてみることに。

渋谷店は、駅東口側、かつて、ファースト・キッチンが有った場所。近辺では、葬式での案内提灯持ちばりに、宣伝マンがウヨウヨしていて、少々、異様な雰囲気でしたが、土曜の13:00というのに数人並んでいる程度で、すぐに買えたのはラッキー。もっとも、店内は満席で、座るまでに、少々待ちましたが。

メニューは、2種類のセットのみで、2つの違いも「DOUBLE」の有無だけ、というシンプルさ。折角なので、大きいほうの「DOUBLE QUARTER POUNDER with cheese」セットを食べてみました。

肉自体は、確かにマクドナルド風ですが、マクドナルドより強めに焼いてある感じで、食感はやや異なる気も。パンからはみ出る大きさの2枚の肉の間に、さらに肉が挟まれていて、食べ応えはあります。チーズも厚めですし。

味付けは、ケチャップのみ、ということもあり、ダブルチーズバーガーマクドナルド)の強化版といった感じ。スーパーメガウェンディーズの肉汁/脂が恋しい気もしますが、セットのポテトを残してしまったわたしには、この位がよいのかも。

|

« SFマガジン2008年12月号「秋のファンタジイ小特集」 | Main | ビリー・プレストン「ライヴ・ヨーロピアン・ツアー」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/43126355

Listed below are links to weblogs that reference クォーターパウンダー渋谷店 :

« SFマガジン2008年12月号「秋のファンタジイ小特集」 | Main | ビリー・プレストン「ライヴ・ヨーロピアン・ツアー」 »