« 映画「チェコ人形アニメの巨匠たち」 | Main | 末次 由紀「ちはやふる 1」(Be・Loveコミックス) »

林亮介「迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル? 」(GA文庫)

隣り合わせの灰と青春

現代京都に何故かダンジョンが出来て、盗掘者が集まってくるという話。設定説明が無いので、ダンジョンは、まるで、ストルガツキー「ストーカー」的不条理世界です。

作品の主題は、世界描写では無く、ダンジョンという非日常から帰ってミニストップで一息つく、といった生活感や、大学生物っぽい人間関係のほう。(元ネタらしい)ウィザードリィ用語でいえば、「隣り合わせの灰と青春」でしょうか。

不条理日常系小説としては、三崎亜記「となり町戦争」に近いですが、主人公が(村上春樹系無気力くんでは無く)、インテリ崩れの好漢に描かれている分だけ、読後感が良かったです。

|

« 映画「チェコ人形アニメの巨匠たち」 | Main | 末次 由紀「ちはやふる 1」(Be・Loveコミックス) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/43548220

Listed below are links to weblogs that reference 林亮介「迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル? 」(GA文庫) :

« 映画「チェコ人形アニメの巨匠たち」 | Main | 末次 由紀「ちはやふる 1」(Be・Loveコミックス) »