« 「ロックンロールお年玉」 | Main | 北尾トロ「裁判長!これで執行猶予は甘くないすか」 (文春文庫) »

「GALACTICA」、「源氏物語千年紀 Genji」、「空を見上げる少女の瞳に映る世界」、「スパイダーマン」の第?話感想

2009年1月期アニメ等第1話等感想その3

11.「GALACTICA」(日テレ 火深夜)△
実写。2話を初視聴。多数登場人物が怒鳴り合い、画面前の死体、カメラ移動を連発して、テンションだけは高いですが本筋は単純?…、いかにも「ER」以降の海外ドラマといった印象です。ウネウネ動く敵ミサイルや、旧作のセンサラウンド劇場版を思い出す戦闘機発進シーンでの、アニメ臭いディテールは楽しいですが。

12.「源氏物語千年紀 Genji」(フジ 木深夜)×
和服の色を強調した、ストーリー無いイメージ・ショットの嵐。面長キャラが滂沱の涙を流し、いかにも、出崎・杉野アニメです。

13.「空を見上げる少女の瞳に映る世界」 (TVK 金深夜)×
懐かしいOVA風異世界ファンタジー。京都アニメーションの作品らしく、丁寧で癖の無い絵ですが、若本規夫の悪役声以外に、「物語」のヒキになるものが見えません。

14.「スパイダーマン」(MX 金曜夜)△×
10話を初視聴。蜘蛛糸で高速移動するシーンでも、トゥーン・シェードCG特有の、のっぺりとした絵柄では、スピード感に欠けます。30分の尺で、大学生恋愛ドラマとヒーロー物を両立するせいか、駆け足な印象は否めず。

|

« 「ロックンロールお年玉」 | Main | 北尾トロ「裁判長!これで執行猶予は甘くないすか」 (文春文庫) »

アニメ等第1話感想」カテゴリの記事

Comments

1話だけ見て視聴を継続するかを判断するというおがりんの
やり方にも一理あると思っていたんですが、そもそも1話には構造的にそういう目的もあるわけだし。
でも、2話とか10話とかだと、どうなんでしょ。

作品はクリシェの集合体でキャラクターの言動・主張は主にマイナス評価要因として機能というのは、多分現代の著作物の受け取り方としてかなりポピュラーなものだとは思いますが、たとえば嫌な奴が4クールかけて成長するというドラマ構造や"ラストのどんでん返し"をある意味拒絶するわけで、やっぱり業界の先行きは真っ暗なんだなと若干思ったりもします。

Posted by: なかはら | 2009.01.19 at 02:22 AM

10話初視聴は、無理矢理過ぎだったか。

Posted by: ogalin | 2009.01.20 at 12:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/43784388

Listed below are links to weblogs that reference 「GALACTICA」、「源氏物語千年紀 Genji」、「空を見上げる少女の瞳に映る世界」、「スパイダーマン」の第?話感想 :

« 「ロックンロールお年玉」 | Main | 北尾トロ「裁判長!これで執行猶予は甘くないすか」 (文春文庫) »