« SFマガジン編集部「SFが読みたい! 2009年版―発表!ベストSF2008国内篇・海外篇 (2008)」(早川書房) | Main | 石黒達昌「冬至草」(ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション) »

久世番子「私の血はインクでできているのよ」(ワイドKC)

オタ臭薄めの子供時代ネタ
漫画家半生記。

「暴れん坊本屋さん」や、「番線」の作者らしい自虐ネタが楽しく。初完売同人誌だったという、名鉄駅員本が、面白そうに見えるところは、素晴らしいです。

ただ、BLなどのダークな面はなく、子供時代のエッセイマンガとして手堅く纏めたっぽい所もあって、少々、もったいない気も。新書館のようなマニア向けではなく、女性誌「Kiss」掲載作だから?と思ったり。

|

« SFマガジン編集部「SFが読みたい! 2009年版―発表!ベストSF2008国内篇・海外篇 (2008)」(早川書房) | Main | 石黒達昌「冬至草」(ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/44128129

Listed below are links to weblogs that reference 久世番子「私の血はインクでできているのよ」(ワイドKC):

« SFマガジン編集部「SFが読みたい! 2009年版―発表!ベストSF2008国内篇・海外篇 (2008)」(早川書房) | Main | 石黒達昌「冬至草」(ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション) »