« 持田香織「春のワルツ」 | Main | 田村ゆかり「木漏れ日の花冠」 »

海堂尊「チーム・バチスタの栄光 (上)(下)」(宝島社文庫)

シナリオみたい
医療ミステリ。

専門蘊蓄や取材情報で、リアリティを出そうとするジャンルということは、解っているつもりです。でも、新キャラが登場する度に、別の医療問題を語る、というシチュエーションが続きすぎて、繰り返しギャグに見えてしまいます。ラストのどんでん返しが、医療機器というのも、あんまりなトリック、という気がします。専門蘊蓄以外は、小説というより推理クイズのシナリオをそのまま読まされているようなテンプレートぶりですし(未見ですが、阿部寛の存在感とかで説得できるドラマ版のほうが、本物感を出せそう)。ちょっと、呆れてしまう、読後感でした。

上下2分冊する意味が解らない位に分量が少なくて、読むのが楽だったのは良し。

|

« 持田香織「春のワルツ」 | Main | 田村ゆかり「木漏れ日の花冠」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/43968006

Listed below are links to weblogs that reference 海堂尊「チーム・バチスタの栄光 (上)(下)」(宝島社文庫) :

« 持田香織「春のワルツ」 | Main | 田村ゆかり「木漏れ日の花冠」 »