« February 2009 | Main | April 2009 »

釘宮理恵「ルイズBEST」

キャラソン

アニメ「ゼロの使い魔」(一期以降視聴脱落)のキャラソン集。歌詞も、固有名詞こそ無いですが、「(バカ)犬」「貧乳」といったキーワードが入っているので、いかにもキャラソンらしい感じです。

曲は、景気の良いテクノの「ダメ!~オトメゴコロ炎上」から、しっとりバラードの「Two Moons」まで、多彩ですが、釘宮理恵の舌足らずな声のおかげで、統一感はあります。タイトル連呼が可愛らしい「ハピ☆ロリ」は、特に良かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

米澤穂信「秋期限定栗きんとん事件〈上〉〈下〉」(創元推理文庫)

後味悪し
の続き。

本作ゲストの視点キャラを、犯人と真犯人と探偵とが、別個に騙していた、という展開で、視点キャラに寄り添って読んでいたこともあり、後味悪い読後感でした(意地の悪いキャラ、ということは前作で解っていたつもりですけれど)。ミステリとしても、特定の(頭の悪い)誰かを騙すためのトリックという、無理な点を許容するタイプで、好きになれず。

作中、隠喩的に使われた、マロングラッセの作り方の話は、興味深く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゆかり姫「†メタウサ姫~黒ゆかり王国ミサ~†」/蘭花・フランボワーズ「Soul in Love」

ロック調
最近買った、田村ゆかりのキャラソン×2

「†メタウサ姫~黒ゆかり王国ミサ~†」は、「めろーんのテーマ~ゆかり王国 国歌~」の続編的位置づけの曲で、分厚いギターのメタルな伴奏と、お得意の造りロリ声の組み合わせ。

c/wの「シュガーチューン」は、早口言葉っぽい詞にピコピコ伴奏の可愛らしい曲で、ドタバタアニメのオープニングっぽい感じ。両曲とも、先日のライブ限定CDということで、ちゃんと聴いたのはライブ当日が初めてでしたが、その場では、振り付けに対応するのに手一杯で、聴いている余裕は全く無かったですし、また、生で、聴きたいなぁ。

「Soul in Love」は、ゲームGalaxyAngel2「無限回廊の刻」のヒロイン選択時のエンディング曲。ちょっと重ためのロッカバラードで、エンディングらしい壮大さがあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jimmy Smith Trio/Quintet「Testifyin'」

「St.Thomas」が良
ライブ盤「Paid In Full」「Jimmy Smith '75」の2作を、初CD化、とのこと。タワーレコード新宿店にて購入。

Trio/Quintet名義なのは、主役のオルガンの他、ギター、ドラム編成という曲と、さらにパーカッション、コンガorベースが加わる曲があるからでしょうか。スミスらしい、独特のグルーブ感有るオルガンで綴られる、「St.Thomas」の陽気なメロディが素晴らしく。

「Paid In Full」収録曲の方は、表題作での、端正なギター演奏(Ray Crawford)のせいもあって、ジャズのライブっぽい感じ。一方「Jimmy Smith '75」収録曲では、「Got My Mojo Workin'」等で、(スミス本人の?)唸り、といいますか、ジェームス・ブラウンをさらに酷くしたような感じの唄が随所に入っていて、ブルース臭が強いです。もっとも、ブルースといっても、オルガンのおかげで、泥臭さは無く、聴きやすく、問題無し。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アニメロミックス Presents 田村ゆかりLOVE LIVE2009 *Dreamy Maple Crown*

春の新曲お披露目

4thとかの時と同様、新譜の曲を中心とした、春の新曲お披露目会。

ライブ定番曲の「Little Wish」「恋せよ女の子」等を外したセットリストながら、跳び曲有り、バラード有り、不思議曲有り、振付コーナー有り、楽しいMC有り、と、いつもの感じ。

印象的だったのは、ネコ着ぐるみと踊る「アンジュ・パッセ」の楽しさと、「(こんな時間は、)永遠じゃない」との感傷的MCと連動したかのような「Spiritual Garden」での、しんみりした締め方。

伴奏は、ハード・ロック風で、*Pinkle☆Twinkle Partyに近い感じ。泣きのギター(ゲイリー・ムーア風?)ソロは苦手なのですが、「Tomorrow」での刻むようなリフは、格好良かったです。

2009.03.08 幕張メッセ イベントホールにて参加。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

蒼山サグ「ロウきゅーぶ! 」(電撃文庫)

美少女ものライトノベルとして良く纏まっています
女子小学生のミニバスケを題材にした弱小チームの快進撃物。

ライトノベルのスポーツ物は、「そらいろな」とか読みましたが、「二死ながら走者三塁」といった、点数以外の物語展開を示す語彙の乏しい(「スラムダンク」も心理描写ばかりだった気が…)、バスケものは、ライトノベルとしては珍しい気が?

只、競技知識も無い、わたしでも理解に困ることは無いくらいに解りやすいつくり。要は、ギャルゲー的ヒロインのトラウマ告白、改心→快進撃という話なので、ライトノベル1冊のボリュームで、小気味良く纏まっています。

ジャンプ・シュートを打つ少女の美しさに見惚れるシーンなど、叙情ロリ臭もあって、スポーツものを、美少女コーティングして売る戦略臭が目立たなくなっているのも良いところ。

幕間的にSNSが使われているのが、当世風。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画「少年メリケンサック」

宮崎あおいの笑顔は偉大
バンド復活物。客演の遠藤ミチロウSakerockの元気な姿を見られればいいや、と期待値低めにして、鑑賞。

過去と現在とが錯綜する構成、どもりキャラ、ドラマ的盛り上がりをスカす美意識、存在感だけの有名人キャスト、といかにも、「木更津キャッツアイ」「ドラッグストア・ガール」とかの宮藤官九郎脚本作といった感じ。

駄目バンドが復活するまでの手続きも見せずに、栄光を掴むものの、主人公と恋人とのその後も、バンドのその後も、あやふやにした終わり方。ネタとして美味しい部分だけを、切り取った人工性だけが目立ち、物語としては疑問が残りました。

キャラも、「魔界転生」の時と同じく、佐藤浩市の生真面目さは、軽い作品に向かないんじゃ、という気が。

ただ、物語やキャラには、どうかと思う部分が多々あれど、宮崎あおいの子供っぽい満面の笑顔を見せられると、幸福感が画面に広がり、問題点をスルーしてしまうのは、映画「NANA」の時と同じ。衣装交換も、やたら頻繁なので、宮崎あおいのアイドル映画的には楽しめました。

2009.02.22ワーナーマイカル新百合ヶ丘にて鑑賞。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「パンコレ~voice actresses’legendary punk songs collection~」

先入観ほどでは、
洋楽カバー集。

「アイドル声優×パンク」な企画先行臭は、当然ありましたが、そんな先入観に忠実だったのは、ギャルゲー電波ソング風にアレンジした桃井はるこ「Sex and Violence」ぐらい。

パンクが、音楽的には、軽快なロックンロールということもあり、後藤邑子「London’s Burning」池澤春菜「God Save The Queen」あたりは、ロリ声+ロックンロール路線のカバーとして普通に聴けました。The Clashの「Should I stay or should I go」の子供声カバー(リロ&スティッチ・ザ・シリーズのOP)のことを思い出したり。

まぁ、アイドル声優ソングを普段から、聴き慣れているから、ということもありますが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2009 | Main | April 2009 »