« 濱野智史「アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか」 (エヌティティ出版) | Main | アニマル・コレクティヴ「メリウェザー・ポスト・パヴィリオン」 »

SFマガジン2009年5月号「バリントン・J・ベイリー&トマス・M・ディッシュ追悼特集」

個人特集で小説×3有ると、充実感強し
バリントン・J・ベイリー「邪悪の種子」☆1
永遠の命ネタでも、抽象的にならないところが、作者らしい。

バリントン・J・ベイリー「神銃(ゴッド・ガン)」☆1
落ちも明快なショートショート。

トマス・M・ディッシュ「ナーダ」☆1
落ちっぽいのがあると、フェミSF的図式性も苦にならず。

トマス・M・ディッシュ&ジョン・スラデック「ダニーのあたらしいおともだち」☆0
スラデック駄洒落+酒井昭伸意訳=?

連載 山本弘「地球移動作戦」☆0
設定説明以外は、「死亡フラグ」って言いたかっただけ?

連載 山田正紀「イリュミナシオン 君よ、非情の河を下れ」☆1
地の文で「あまりに空想がすぎるか。」には、困惑しましたが、エミリー・ブロンテの説明台詞は良。

連載 小林泰三「ワイバーン 天獄と地国との狭間」☆0
戦闘中。

バリントン・J・ベイリー「蟹は試してみなきゃいけない」☆0
哀愁恋愛話。擬人化ジャンルは、既視感が…

トマス・M・ディッシュ「ジョイスリン・シュレイジャー物語」☆1
哀愁恋愛話はストレートな方が。

小説以外では、アニメ版グイン・サーガ(日曜夜という地の利もあり、見続けているなぁ)の紹介&中原麻衣らのインタビューは、原作読者への配慮を感じさせます。

|

« 濱野智史「アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか」 (エヌティティ出版) | Main | アニマル・コレクティヴ「メリウェザー・ポスト・パヴィリオン」 »

SFマガジン」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/44923941

Listed below are links to weblogs that reference SFマガジン2009年5月号「バリントン・J・ベイリー&トマス・M・ディッシュ追悼特集」:

« 濱野智史「アーキテクチャの生態系――情報環境はいかに設計されてきたか」 (エヌティティ出版) | Main | アニマル・コレクティヴ「メリウェザー・ポスト・パヴィリオン」 »