« 「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」(ニンテンドーDS) | Main | トニー・アレン「シークレット・エイジェント」 »

「プリンセスラバー!」/「かなめも」/「宙のまにまに」/「よくわかる現代魔法」/「東京マグニチュード8.0」/「GA 芸術科アートデザインクラス」の第1話感想

今期はココまで。

2009年7月期アニメ等第1話感想その2。

10.「プリンセスラバー!」(TVK 日曜深夜)△
ギャルゲー原作。現代日本に、賊に追われる馬車に乗ったお姫様や美少女剣士と挨拶代わりの斬合などといった異世界ファンタジィなシチュエーションを強引に合体。その強引さが、とりあえずは笑えますが…

11.「かなめも」(テレビ東京 日曜深夜)△×
美少女だらけの新聞配達所。天涯孤独な主人公が、多彩な美女と同居という、ギャルゲー的シチュエーションながら、主人公も女子中学生という、萌え4コマの緩い世界。シビアな業界ネタとかは少なそう?

12.「宙のまにまに」(Tokyo-MX 火曜深夜)△×
天文部舞台のラブコメ。金6少女アニメ的な癖の無い絵柄は良いですが、星空の象徴使いする場面が多すぎて、綺麗事っぽく。

13.「よくわかる現代魔法」(BS11 土曜深夜)×
超人バトル。メインキャラが魔法で、人に携帯を無理矢理買わせたり、幼女が逃げまどう街に誰もいなかったり、縞パンを投げつけられて男子が泣いたり、(設定のみならず、キャラの心情も)理解不能。メインキャラ以外は背景同然といった割り切り方は、セカイ系な桜坂洋原作といわれれば、不快だが納得。

14.「東京マグニチュード8.0」(フジ 木曜深夜)△
リアルCGで、災害避難もの。第1話での主人公の鬱屈描写からすると、エゴイスティックさ故の人災描写多目の、重苦しい展開になりそう。

15.「GA 芸術科アートデザインクラス」(TVK 土曜深夜)△
美術系の高校?舞台。落ちの場面で話が途切れる4コマ漫画原作アニメ。「ピクトグラム」とか、蘊蓄の目新しさはある。

|

« 「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」(ニンテンドーDS) | Main | トニー・アレン「シークレット・エイジェント」 »

アニメ等第1話感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/45618601

Listed below are links to weblogs that reference 「プリンセスラバー!」/「かなめも」/「宙のまにまに」/「よくわかる現代魔法」/「東京マグニチュード8.0」/「GA 芸術科アートデザインクラス」の第1話感想:

« 「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」(ニンテンドーDS) | Main | トニー・アレン「シークレット・エイジェント」 »