« フアナ・モリーナ「ウン・ディア」 | Main | 大石まさる「おいでませり 1」 (ヤングキングコミックス) »

フジロックフェスティバル2009(2日目のみ)

フェラの曲を演ってくれたのが嬉しく
雑記。

少々寝坊してしまい、5:45出発10:30会場入。前日雨が降ったせいか、湯沢温泉駅でのバス待ち時間は蒸し暑かったですが、会場は山故の快適さ。

1つ目は、トム・フロインドFIELD OF HEAVENにて。
アコースティック・トリオ。膝置きのスライド・ギターが印象的。

次が本命の、シェウン・クティ+フェラズ・エジプト80を、一部泥沼状態のGREEN STAGEにて。モッシュ・ピット入りは初めて。

単調なリフだけの音楽なので、サウンド・チェックでの「Don't Give That Shit To Me」も、通常演奏のような迫力です。
最初は、全身黄緑スーツのバンマスがメンバー紹介を兼ねて登場して1曲演奏した後、シェウンが、フェラの写真でよく見る青色スーツで登場。アルバムのジャケでは、目を光らせたエフェクトの顔面アップが、怖い感じでしたが、現物は、若いせいか、幼い表情が印象的。なんと言っても、「アーミー・アレンジメント」を演ってくれたのは嬉しすぎ。
主役と伴奏という位置づけではなく、ギターやトランペットが中央でソロを取る時は、シェウンは後ろに下がる、バンド志向のノリ。踊りまくりのトランペット隊は見ていて楽しく。最後には、背中のタトゥ?も見られて大満足。

木道亭ファナ・モリーナには、ボードウォークの渋滞(泥道より板張を通りたい気持ちは誰しも同じか。)で辿り着けず。3つ目は、クール・ワイズ・メンFIELD OF HEAVENにて。
リズムの機械的正確さが現代的な南国系インストバンド。1stの頃のユアソングイズグッドから、サイトウジュンの暑苦しいキャラを抜いてオサレにした感じ。フリップまで出して、英語のコールをさせるのは、気取り過ぎですが、完成度は高く。

4つ目は、筋肉少女帯WHITE STAGEにて。
自らのアウェイさを自虐的に語る大槻のMCは、流暢で掴みは十分。それに、アウェイな状況で「高木ブー伝説」「日本印度化計画」という名詞代わりの曲が有るってのは強み。フライングVによるヘビメタ然としたギターソロは好みではないのですが、その横でヌンチャクを振る大槻に笑い。

5つ目は、雨も少々降り出した中、ファナ・モリーナGYPSY AVALONにて。
多重録音で作られたアルバムをどう再現するのかと思っていたら、コーラスや効果音を1フレーズだけ歌ったり弾いて、後はそのフレーズを生サンプリング(に見せかけた、カラオケかも)。フットペダルを多用するので、膝小僧が目立つのが眼福。奇声を上げてもどこか、優しい感じの歌はアルバム同様。

6つ目は、ベン・ハーパー&リレントレス7を、GREEN STAGEにて。
ソウル風歌とリズムが正確なブルース・ロック。泣きのギターソロもバランス良いですが、メロディが弱いと演奏技術に負けてしまう局面も。

宿を取っていないので、19時前に撤収。それでも翌日は筋肉痛の嵐。

|

« フアナ・モリーナ「ウン・ディア」 | Main | 大石まさる「おいでませり 1」 (ヤングキングコミックス) »

ライブ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/45788000

Listed below are links to weblogs that reference フジロックフェスティバル2009(2日目のみ):

« フアナ・モリーナ「ウン・ディア」 | Main | 大石まさる「おいでませり 1」 (ヤングキングコミックス) »