« 「428~封鎖された渋谷で~」(チュンソフト)第1印象 | Main | 「428~封鎖された渋谷で~」第2印象 »

Live「カーク・フランクリン」

ソウルフルに合唱する参加型エンターティンメント

会場のビルボードライブ東京東京ミッドタウン4Fですが、居場所の無い感じで、氷川神社例大祭の山車巡行を見たりして時間潰すことに。)は、コットンクラブ同様の高級ライブハウス。

キーボード×2(カーク自身も入れると3),ギター、ベース、ドラム、DJ、男2女4のコーラス陣、女性陣がソロパートで、余力を残した表情と声量の大きさのギャップに驚き(アップ曲では、音量のあまり、音が割れていた気も)。

自作曲も勿論ありますが、「セプテンバー」カバーで幕開け、締めは、ジェイムズ・ブラウンカークの煽り方自体が、JB型なのを痛感。)の「セックス・マシーン」という、ソウル・カバー大会でもありました。

「ウィー・アー・ザ・ワールド」の一節を客に歌わせたのを始め、煽って、歌わせる局面多し。(男1:女9という客層での)「ゴナ・ビー・ア・ラヴリー・デイ」での男声パートは、厳しかったですが。手を繋いでの「リーン・オン・ミー」では、日本語訳で歌う親切さもあり、クワイア教室乗りで客側も盛り上がりました。「レヴォリューション」での手を腰に当てる振りコピも楽しかったです。

リクエストに応えたり、退席時のサイン・ハグ等、身近さも好感持てる、コンサートというより、参加型エンターティンメントでした。

2009.09.20 18:00の回 ビルボードライブ東京にて、参加。

|

« 「428~封鎖された渋谷で~」(チュンソフト)第1印象 | Main | 「428~封鎖された渋谷で~」第2印象 »

ライブ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/46295140

Listed below are links to weblogs that reference Live「カーク・フランクリン」:

« 「428~封鎖された渋谷で~」(チュンソフト)第1印象 | Main | 「428~封鎖された渋谷で~」第2印象 »