« ジョージ・R・R・マーティン「洋梨形の男」(奇想コレクション) | Main | アラン・ムーア,ジーン・ハー,ザンダー・キャノン「トップ10 Vol.1」(ヴィレッジブックス) »

「戦う司書 The Book of Bantorra」/「夢色パティシエール」/「聖剣の刀鍛冶」/「ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~」/「あにゃまる探偵 キルミンずぅ」/「そらのおとしもの」/「ささめきこと」/「ご姉弟物語」/「琉神マブヤー」/「DARKER THAN BLACK 流星の双子」/「君に届け」の感想

「ご姉弟物語」は予想通りでしたが、…

2009年10月期アニメ等第1話感想その2。

8.「戦う司書 The Book of Bantorra」(BS11 土曜深夜)△×
敵側も、主人公側も、特権階級以外の命はゴミと思っている世界観は、いかにも、ライトノベル原作らしいですが、不快。絵の緻密さ以外に見所不明。

9.「夢色パティシエール」(日テレ  日曜朝)×
お菓子作り物。主人公の善玉描写で共感させる造りは手堅いですが、女児向け過ぎて引っかかり無し。

10.「聖剣の刀鍛冶」(TVK 日曜深夜)△
RPG世界なファンタジィ。正直者女剣士とツンデレ男刀鍛冶のキャラを手堅く説明。

11.「ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~」(テレビ東京 日曜深夜)×
大江戸線の駅が擬人化設定の不自然さは兎も角、犬探しと、性格改善の話との繋がりが弱く、人助け物としても不自然。

12.「あにゃまる探偵 キルミンずぅ」(テレビ東京 月曜夕)×
動物変身少女もの。浮いてるスケボーがSFっぽいし、アリバイとしての女児向けか。その割に話は緩く。

13.「そらのおとしもの」(TVK 月曜深夜)×
「ああっ女神さまっ」型か。願望充足が過ぎるので、ラストの叙情性が唐突。

14.「ささめきこと」(テレ東 水曜深夜)△×
学園物。作品世界が、百合普及した異世界か、普通の世界か解らない内に、丁寧な心情描写をされても、偽の恋愛っぽくみえてしまいます。

15.「ご姉弟物語」(テレ朝 土曜朝)△×
子供主人公ほのぼの。原作の、(主人公を見ていないときの)周りの人々が汚らしい感じを脱色してしまい、ファミリー向けの無害さ。予想はしていましたが、原作好きには、悲しく。さらさらと描いたような背景は、原作っぽかったけれど。

16.「琉神マブヤー」(BS11 火曜夜他)×
実写のご当地ヒーローというか、ヒーロー物のフォーマットを使ったご当地紹介番組。本格的沖縄方言は、理解不能なので、敵の作戦が有り難く。

17.「DARKER THAN BLACK 流星の双子」(TBS 金曜深夜)△
超人バトル物の2期。動物や人の屈む描写など、意味のなさげなシーンまで動くので、お高くとまった作画アニメ様感も残ります。が、「スケッチブック ~full color's~」のりの花澤香奈による幼女声ナレーションで、設定と作品の見方を説明してくれるので、非常に見やすく。

18.「君に届け」(日テレ 火曜深夜)×
恋愛物。主人公は、虐めに遭っていたのに気づかない人、という設定を納得させるのは、能登麻美子のモノローグの力でも無茶が。

|

« ジョージ・R・R・マーティン「洋梨形の男」(奇想コレクション) | Main | アラン・ムーア,ジーン・ハー,ザンダー・キャノン「トップ10 Vol.1」(ヴィレッジブックス) »

アニメ等第1話感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/46459277

Listed below are links to weblogs that reference 「戦う司書 The Book of Bantorra」/「夢色パティシエール」/「聖剣の刀鍛冶」/「ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~」/「あにゃまる探偵 キルミンずぅ」/「そらのおとしもの」/「ささめきこと」/「ご姉弟物語」/「琉神マブヤー」/「DARKER THAN BLACK 流星の双子」/「君に届け」の感想:

« ジョージ・R・R・マーティン「洋梨形の男」(奇想コレクション) | Main | アラン・ムーア,ジーン・ハー,ザンダー・キャノン「トップ10 Vol.1」(ヴィレッジブックス) »