« アラン・ムーア (著), エディ・キャンベル (イラスト)「フロム・ヘル(上)(下)」(みすず書房) | Main | 映画「イングロリアス・バスターズ」 »

THE BAWDIES「IT’S TOO LATE」

完成度は高い

和製ガレージロックのファースト・シングル。c/wが、ライブテイク×9併録というのに、お買い得感を感じて購入。

表題曲は、既聴感有り過ぎギターリフとタイトル連呼で、力押しな1曲。リードボーカルの荒々しい声質(桑田佳祐のシャウトに通じる作為性)が特徴的ですが、ステアーズ「メキシカンR&B」を連想するような、「あんまりな」程に達者な、過去スタイル再現路線で、過去ロックを現代スタジオ技術で再現路線のLOVE PSYCHEDELICOメンバーのプロデュースという話が腑に落ちる感じで、完成度は高く。和製臭さの抜けない旧世代バンドとは、東京ロッカーズとブルーハーツ以降ぐらいの落差。

ライブ・テイクとして収録のセックス・ピストルズ「プリティ・ヴェイカント」カバーでジョニー・ロットン風の笑い声を入れる律儀さや、MCの文末が殆ど「~ですか?」なのは、今時の若者っぽさを感じますが。

|

« アラン・ムーア (著), エディ・キャンベル (イラスト)「フロム・ヘル(上)(下)」(みすず書房) | Main | 映画「イングロリアス・バスターズ」 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/46885192

Listed below are links to weblogs that reference THE BAWDIES「IT’S TOO LATE」:

« アラン・ムーア (著), エディ・キャンベル (イラスト)「フロム・ヘル(上)(下)」(みすず書房) | Main | 映画「イングロリアス・バスターズ」 »