« 山田ユギ,三浦しをん(原作)「まほろ駅前多田便利軒 1」 (花とゆめCOMICSスペシャル) | Main | 映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」 »

映画「アバター」(3D吹替版)

説明不足
異星の原住民をスパイしている内に、情にほだされて改心する話。

戦争障害での苦しさ等スパイをする事情や、主人公達が敵メカを倒せる理由の説明がなかったり、悪役が企業ボスから大佐に変わっていたる理由なども不明で、設定の説明不足です。そのせいで、設定を覆して、改心したり、勝ったりするストーリーが、カタルシスに欠けています。美麗CGということもあり、本来、ゲーム中で敵を倒してカタルシスを味わった後で、確認的に観るゲームのムービーを、それだけで観ているような、空虚さがありました。

もっとも、画面手前に無意味に物が置いてある、実相寺昭雄監督風立体感強調シーンが序盤から連発していて、「見せ物」といいますか、ストーリーに拘らず絵を楽しむ映画でしょうし、辻褄合わせの説明はBlu-Ray版特典映像に有るのかもしれませんが。

ただ、CG絵(+ロケ地風景?)で描いた異星の風景は、「ライオンキング」的ドンドコ太鼓B.G.Mと共に大自然風味を表現するだけで、異世界っぽさは乏しい只のジャングルで、説明不足を補う迫力は無く。

あと、3D眼鏡は、前回観たXpanDと違うREAL-D方式のやつで、眼鏡が小さい分、普段掛けている眼鏡と重なって、使いづらく。

2009.12.30 ワーナーマイカル新百合ヶ丘にて鑑賞。

|

« 山田ユギ,三浦しをん(原作)「まほろ駅前多田便利軒 1」 (花とゆめCOMICSスペシャル) | Main | 映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/47187415

Listed below are links to weblogs that reference 映画「アバター」(3D吹替版):

« 山田ユギ,三浦しをん(原作)「まほろ駅前多田便利軒 1」 (花とゆめCOMICSスペシャル) | Main | 映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」 »