« 「Animelo Summer Live 2009 RE:BRIDGE 8.23」 | Main | 「Mellow Disney~R&B Revisited~」 »

新・音楽の未来遺産~New Classic Remix~ Vol.1 Rock&Bugaku

生楽器ならでは
東京フィルハーモニー交響楽団のコンサート。エマーソン・レイク・アンド・パーマー「タルカス」のオーケストラ版が目当て。

オーケストラのコンサートに行くこと自体初めてなので、客席が演奏中は微動もしない客席だけでも驚き(アンプ無だから、当然ですが。確かに、弦楽器の生低音には、独特の味わいが有りました)。

演奏は全4曲。1曲目は弦楽器のみで、徐々に打楽器、管楽器を増やしていく趣向。曲間に、吉松隆(選曲・編曲)と指揮者らによる、TV「題名のない音楽会」っぽい雑談が入るので、助かりました(「アメリカ Remix」(ドヴォルザーク)での、BPM一定なバイオリンを20分も聴いていると眠くなったので)。「BUGAKU」(黛敏郎)では、琴っぽい音を出すため、指で弦を弾いてたのが、面白く。

「タルカス」は、冒頭「噴火」での、大量のバイオリン轟音で表現に感涙。楽譜を捲る速度がそれまでの曲と段違いってのも、迫力造りに一役買っています。終盤は、勢い重視でバイオリンが揃っていないですが、あえてズラして力強さを出している感じ。

「タルカス」のシンセ音は管楽器で、リズムを作るキーボードの左手リフは、打楽器で再現というのも新鮮でしたが、エマーソンのラグタイムピアノっぽいグルーブ感は無く、クラシック的にはノイズなのかも、と両者の違いに思いを馳せることしきり。

2010.03.14 東京オペラシティコンサートホールにて鑑賞。

|

« 「Animelo Summer Live 2009 RE:BRIDGE 8.23」 | Main | 「Mellow Disney~R&B Revisited~」 »

ライブ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/47830708

Listed below are links to weblogs that reference 新・音楽の未来遺産~New Classic Remix~ Vol.1 Rock&Bugaku:

« 「Animelo Summer Live 2009 RE:BRIDGE 8.23」 | Main | 「Mellow Disney~R&B Revisited~」 »