« チャイナ・ミエヴィル「ペルディード・ストリート・ステーション」(プラチナ・ファンタジイ) | Main | SFマガジン2010年4月号ベストSF2009上位作家競作 »

マックスウェル「“ブラック”サマーズナイト」

「歌の力」でを説得

2009年発売の4th。

裏声囁き系シングル「プリティ・ウィングス」をBillboardTop40で、観て気になっていたアルバムを購入。

シングル同様、アイズレー・ブラザースをとっつき易くしたような裏声ヴォーカルと、アコースティックな伴奏。今時らしさ皆無の音ですが、ジャズっぽいドラムのせいか、人力臭はありますものの、70年代系~ダニー・ハサウェイもどきでも無い、独特な音。エレキギター入りで、本作中の曲としては元気な、「ヘルプ・サムバディ」が、歌い上げずに力強い感じで、良かったです。

久し振りに、「ソウル」といいますか、ちゃんと「歌唱力」で聴き手を説得する(同時代の)音楽、を聴いた気がしました。

|

« チャイナ・ミエヴィル「ペルディード・ストリート・ステーション」(プラチナ・ファンタジイ) | Main | SFマガジン2010年4月号ベストSF2009上位作家競作 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/47719264

Listed below are links to weblogs that reference マックスウェル「“ブラック”サマーズナイト」:

« チャイナ・ミエヴィル「ペルディード・ストリート・ステーション」(プラチナ・ファンタジイ) | Main | SFマガジン2010年4月号ベストSF2009上位作家競作 »