« SFマガジン2010年4月号ベストSF2009上位作家競作 | Main | 「Animelo Summer Live 2009 RE:BRIDGE 8.23」 »

スヌープ・ドギー・ドッグ「The Death Row: The Lost Sessions, Vol. 1 」

時代を感じさせる音
2009年発表ですが、デス・ロウ時代(~1997)の未発表曲集というか一種の流出物?

ピーヒャラ鳴るキーボード、分厚い女性コーラス、「Eat a D**K」とか、分かり易く下品なスラング入りという、1st同様のGファンクで、時代を感じさせる音ですが…聴き易いのも確か。ネイト・ドッグとか、ゲストも入っていますが、近作ほどゲスト主導って訳で無く、スヌープに主役感がちゃんと有るのも良。

ちょっとホラー映画を思わせる不気味な音をバックに、浮遊感有るスヌープ節が炸裂する「One Life to Live」が、特に、印象に残りました。

|

« SFマガジン2010年4月号ベストSF2009上位作家競作 | Main | 「Animelo Summer Live 2009 RE:BRIDGE 8.23」 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/47779187

Listed below are links to weblogs that reference スヌープ・ドギー・ドッグ「The Death Row: The Lost Sessions, Vol. 1 」:

« SFマガジン2010年4月号ベストSF2009上位作家競作 | Main | 「Animelo Summer Live 2009 RE:BRIDGE 8.23」 »