« Arnold Mcculler「Sabor」 | Main | Theピーズ ONE MAN LIVE 2010「春」 »

最相葉月「星新一 一〇〇一話をつくった人」(新潮文庫)

「人民は…」著者の伝記
作家:星新一の伝記。(sf年間ベストに入っていたのを思い出して、文庫なら、と購入。)

父の会社倒産時の人間関係で苦しんだことの反動で、人間の情念希薄なショートショートに走るものの、回帰するかのように父や祖父の伝記を描くことに、…というストーリー。SF作家というより、星新一が自らの父について描いた「人民は弱し 官吏は強し」(ショート・ショート本と横並びで読んでたので、その重苦しさに驚いた記憶が有ります)の作者、という立ち位置。

本書前半、父話が延々続くので、著者は、歴史上の人物名を景気良く並べてみたかっただけじゃ…とも邪推してしまいましたが、父話で纏めると、図式的といいますか、エセ心理学的な明快さが有るのも確か。「歴史」って、こういう風に出来てくんだなぁ、と感心。

その後の、日本SF黎明期や1001話を描くための苦労話は、(苦労話が、星新一の作風と重ならない所為もあって)オマケ感強く。

|

« Arnold Mcculler「Sabor」 | Main | Theピーズ ONE MAN LIVE 2010「春」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/48271336

Listed below are links to weblogs that reference 最相葉月「星新一 一〇〇一話をつくった人」(新潮文庫):

« Arnold Mcculler「Sabor」 | Main | Theピーズ ONE MAN LIVE 2010「春」 »