« ポーティスヘッド「Chase the Tear」/ミューズ/AKB48「ポニーテールとシュシュ」/福山芳樹「獣になれ!」//ケミカル・ブラザース「Swoon (Radio Edit)」/放課後ティータイム「桜が丘女子高等学校校歌[Rock Ver.]」/フェラ・クティ「Confusion/Gentleman」 | Main | リチャード・モーガン「オルタード・カーボン」(アスペクトの文庫) »

映画「アウトレイジ」

判りやすいVシネ
待望の北野ヤクザ映画。

すぐ激昂して暴力を振るうヤクザ同士のサバイバル(「全員悪人」との宣伝文句でしたが、生き残る為の裏切りなだけで、気分の悪い悪人描写は無く)っていう、単純な話ですが、優勢劣勢がコロコロ変わるので、飽きずに109分を観ることが出来ました。良かった良かった。

ただ、北野映画っぽい、お芸術テイスト~幻想描写は皆無。歯医者やラーメン屋のシーンでの、三池版「殺し屋1」を思わせるコミカルな拷問描写をしても、キャラの狂気に繋げず、只のギャグに終始。それまで内面を全く描いていないキャラのベッドシーンも、只のお色気サービスでしか無く。ギャグとお色気入りのバトル物をお芸術フェイク無く判りやすく見せていると、まるで、ヤクザ物のVシネ(+北野ブランドで釣った有名人キャスト)を観ているようで、「これで、いいのかなぁ?」感はありました。

それでも、石橋蓮司の情けない顔を観るのは楽しかったですし、椎名桔平加瀬亮といった若手の薄ら笑いも、格好良いのは、有名人キャストならでは、でしょうか。映画「ニューヨーク1997」を連想するような、安っすい造りの電子音楽(鈴木慶一)が好みということもあって、点が甘くなります。良かった良かった。

2010.06.13 ワーナーマイカル新百合ヶ丘にて鑑賞。

|

« ポーティスヘッド「Chase the Tear」/ミューズ/AKB48「ポニーテールとシュシュ」/福山芳樹「獣になれ!」//ケミカル・ブラザース「Swoon (Radio Edit)」/放課後ティータイム「桜が丘女子高等学校校歌[Rock Ver.]」/フェラ・クティ「Confusion/Gentleman」 | Main | リチャード・モーガン「オルタード・カーボン」(アスペクトの文庫) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/48622551

Listed below are links to weblogs that reference 映画「アウトレイジ」:

« ポーティスヘッド「Chase the Tear」/ミューズ/AKB48「ポニーテールとシュシュ」/福山芳樹「獣になれ!」//ケミカル・ブラザース「Swoon (Radio Edit)」/放課後ティータイム「桜が丘女子高等学校校歌[Rock Ver.]」/フェラ・クティ「Confusion/Gentleman」 | Main | リチャード・モーガン「オルタード・カーボン」(アスペクトの文庫) »