« MAREWREW「MAREWREW」 | Main | ジョン・ブレイク「地球最後の野良猫」(創元SF文庫) »

映画「宇宙ショーへようこそ」

疲れますが…
「夏休みは、銀河!」とでも言いたくなる、子供主人公の箱庭宇宙ロードムービー。

画面の中の色々な場所が動きまくる、アニメーション度の高い絵はさすが劇場版ですが、話は、脈絡無く色々なことが起こり続ける、メリハリに欠けた展開。倉田・舛成コンビ作の場合、「R.O.D-The TV」終盤や「かみちゅっ!」4話での、ストーリー収束への関心の無さは判っていたので、予測通り(怪獣ビヒモス登場は、まるで「R.O.D」リリエンタール並の唐突振り)のことですけど。とはいえ、30分のTVアニメ尺じゃなく、2時間超える映画ということもあり、TVシリーズを一気見しているかのような(あるいは、4月始めのアニメ第1話を纏めてチェックしている時のような)疲労感が有りました。

ただ、本作同様の、純アニメーション~絵描き暴走系作品である「崖の上のポニョ」程、キャラクターの心情に無茶が無く、子役演技も耳障りで無いので、唐突さに付き合うこと自体に、不快さは無く。

2010.06.26新宿バルト9にて鑑賞。


本編終了後の舞台挨拶では、コメンタリーと同じ口調の「カントクのますなりです」と、いよいよ子供成分ゼロの細身美少女化してしまった松元環季が印象的。

|

« MAREWREW「MAREWREW」 | Main | ジョン・ブレイク「地球最後の野良猫」(創元SF文庫) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/48732617

Listed below are links to weblogs that reference 映画「宇宙ショーへようこそ」:

» 宇宙ショーへようこそ [うろうろ日記]
試写会で見ました。親睦を深める小学校の夏休み合宿で、宇宙人を助けたお礼に宇宙旅行 [Read More]

Tracked on 2010.06.27 at 07:23 PM

« MAREWREW「MAREWREW」 | Main | ジョン・ブレイク「地球最後の野良猫」(創元SF文庫) »