« 映画「アウトレイジ」 | Main | 田村ゆかり他「B型H系 キャラクターソングアルバム」 »

リチャード・モーガン「オルタード・カーボン」(アスペクトの文庫)

SFとしては?ですけど
SFハード・ボイルド。原著は2002年作

大富豪が元特殊部隊員を探偵に雇う冒頭から、「おれにはかたかたと音を立てる良心ってものが」(下巻330頁)なんて台詞も出てきて、優しさ大盤振る舞いの終盤まで、ベタに情緒的な「ハードボイルド」の世界。北上次郎解説という人選が腑に落ちる感じ。

元の身体に思い入れ過多な登場人物達の心情は、転生が日常化した世界設定と噛み合わず、SFとしては設定整合性に疑問を持ちました。ですが、コピー自己との会話シーンは印象的でしたし、バトル多めの(SF)ハードボイルドとして見れば、一人称故の読み易さが、良かったです。

|

« 映画「アウトレイジ」 | Main | 田村ゆかり他「B型H系 キャラクターソングアルバム」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/48664843

Listed below are links to weblogs that reference リチャード・モーガン「オルタード・カーボン」(アスペクトの文庫):

« 映画「アウトレイジ」 | Main | 田村ゆかり他「B型H系 キャラクターソングアルバム」 »