« 田村ゆかり「プラチナLover's Day」/「めてお☆いんぱくと」/「虹色の光りの中で」 | Main | 堀江由衣「インモラリスト」 »

キース・エマーソン・バンド・フィーチャリング・マーク・ボニーラ「モスクワ」

聴いていて疲れる位全力
2008年のライブ。

冒頭の「悪の教典#9」から、最後の「ナットロッカー」まで、ダレ場無く、全力で弾きまくり。新作からの曲も多くて、精力的な時期だったのかも。

圧巻は、30分を超える「タルカス」(聴いていて疲れる位全力なので、ドラム・ソロという中休みがあって良かったです)。エマーソンが、大仰なピアノを弾く中、ファンク~アール・クルー風緩フュージョン~リフ型ハード・ロック~U2エッジ風ノコギリ音と、スタイルを変えまくるマーク・ボニーラのギターが、楽しく。

|

« 田村ゆかり「プラチナLover's Day」/「めてお☆いんぱくと」/「虹色の光りの中で」 | Main | 堀江由衣「インモラリスト」 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/50721160

Listed below are links to weblogs that reference キース・エマーソン・バンド・フィーチャリング・マーク・ボニーラ「モスクワ」:

« 田村ゆかり「プラチナLover's Day」/「めてお☆いんぱくと」/「虹色の光りの中で」 | Main | 堀江由衣「インモラリスト」 »