« アミーナ「パズル」 | Main | ジェイムス・ブレイク「ジェイムス・ブレイク」 »

アン・アギアレイ「グリムスペース」(ハヤカワ文庫SF)

超光速航法を扱う超能力者の女性主人公と、そのサポートをする男性コンビの、ロマンス物+スペースオペラ。

少女漫画の「前世」ものと同じ機能でしょうか、特殊能力で特に結ばれた人間関係ってのは、ジェイン・アン・クレンツ「緑の瞳のアマリリス」でもあったので、「女流作家」らしいといえば、それまでですが。ただ、あっちは、まだ、ロマ・コメとして読めた気がしましたが、本作は、拙さが目立ちます。

唐突な展開と登場人物紹介が続く、ロードムービー的造りで、ラブシーン以外は、描写が雑。ゲヘナ宙港で改心する場面や、駄目夫を嬲るラスト(女性読者サービス?)とかも、急展開過ぎてギャグみたいだし。

序盤の翼竜パニック物の部分は、切迫感もあって良かったのですが。

|

« アミーナ「パズル」 | Main | ジェイムス・ブレイク「ジェイムス・ブレイク」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/51946345

Listed below are links to weblogs that reference アン・アギアレイ「グリムスペース」(ハヤカワ文庫SF):

« アミーナ「パズル」 | Main | ジェイムス・ブレイク「ジェイムス・ブレイク」 »