« 「Baby Princess 3Dパラダイス0(ラブ)」 | Main | サマーソニック2011 8/14(日) »

フジロックフェスティバル2011 7/29(金)

0.iPhoneから当日打ち込んだtwitterログを再編集。

1.フジロックへ出発。ゴアテックス靴を買って装備してみたけれど、この雨報道だと、素直に長靴の方が良かったかな?

2.苗場着。越後湯沢駅でのバス待ちを嫌って、朝の直行バスを選んだけれど、約3時間で到着なのは、幸運。雨はかなり降っている。 着記念写真

3.グリーンステージにて、バッタを発見記念に写真を一枚。
鮎の塩焼きを食す。冷めていてもうまい塩味の偉大さよ。

4.グリーンステージにて、「ダッド・マム・ゴッド」ジャズの人達に無理矢理スカコアを演奏させたような、正確な演奏と、冗長なソロ。ギターが、ブルースロック調ソロから、ファンクなカッティングまで多彩な弾きっぷりで、良かった。

5.雨の振り具合は、平均すれば小雨なのだけれど、時折、2005年2日目並に。目当ての「シスターズ・オブ・マーシー」まで体力温存すべく、グリーンステージでのんびり見るとするかな、と、タレかつ丼(鰻丼タレ+トンカツなら旨いに決まってる)を食べつつ。

6.グリーンステージにて、「ザ・ヴァシーンズ」。鼻声男とカッティングギターが煩い、典型的なイギリスのニューウェーブ・ロック。かなり一本調子。縦ノリで押せるラスト曲以外は辛い。NME/ロッキンオンの寵愛受けまくった、経験不足の新人って、ことだろうけど。去年の「ドラムス」枠か?

7.グリーンステージにて、「カイザー・チーフス」スペイシーな電子音をリフにした、ロック。ザ・フー「無常の世界」的。暑苦しいヴォーカルと、どこどこ叩くドラムのせいで、かなり、盛り上がる。

8.ホワイトステージにて、「ザ・ニューマスターサウンズ」のサウンドチェックを見ながら待機。ウィルコム時代を思うとiPhoneが、ホワイトステージでも、バリ5なのは、嬉しいなぁ。

9.ホワイトステージにて、「ザ・ニューマスターサウンズ」。序盤は無機質なジャズ風だったけど、「メイクイットプラウド」を連呼するJBっぽい曲あたりからグルーヴが増してきた。テンポ変えてのコール&レスポンスも、楽しく。雨振り出した時に、ドラマーが「フード被りなよ」と声掛けたのは、苦笑。

10.ホワイトステージにて、「サケロック」ハマケンのトロンボーンは、音外す以前に、音出てない局面あり。ただ、ギター音量のバランスは、単独ライブでのバランスより好み。短い時間なのにグダグダMCはありで、音楽的にも面白い「対決」コーナーはないってのが残念。

11.レッドマーキーへ戻る。以前来た時に比べ、子供連れが、目立つフジロック。良いこと、とは思うのだけれど、お子様を先頭に渋滞が出来ているのを見ると、少しトホホ。

12.雨も、ほぼ止み、レッドマーキー外で、待機がてら、十勝豚丼。美味しいけれど、さっきのと、同じ鰻丼タレ味、被ってしまった。雨止んだ、と、思ったらゲリラ豪雨で、レッドマーキーテント内で、「シスターズ・オブ・マーシー」サウンドチェック見物。

13.レッドマーキーにて、「シスターズ・オブ・マーシー」。予想通りとはいえ、声の出てないエルドリッチと、3rd風の80年初期ヘビメタギター。それでもドミニオンとすぐに解るドクターアバランシュのDrや、ディス・コロージョン(女声コーラスは無)を、聴けたのは、嬉しく。

14.コールドプレイの、なよ声を聴きながら、もち豚串を食べて、フジロック会場より撤収。

|

« 「Baby Princess 3Dパラダイス0(ラブ)」 | Main | サマーソニック2011 8/14(日) »

ライブ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/52482571

Listed below are links to weblogs that reference フジロックフェスティバル2011 7/29(金):

« 「Baby Princess 3Dパラダイス0(ラブ)」 | Main | サマーソニック2011 8/14(日) »