« 三上延「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち」 (メディアワークス文庫) | Main | kashmir「彼女はUXO」(チャンピオンREDコミックス) »

田村ゆかり「春待ちソレイユ」/「~俺の妹がこんなに可愛いわけがないComplete Collection+~俺妹コンプ+!」

「春待ちソレイユ」は、本人名義9thアルバム。

来年のコンサートでの披露を前提とするアルバムであるのは確かですが、「floral blue」に続く打込みR&B「雨音はモノクローム」や、「Amazing _Kiss」を思い出すラテン歌謡の「ねぇ恋しちゃったかな」等、ライブ盛上げ曲以外も、色々揃えた、いつもの感じ。

初回限定盤付属のP.V.は、C.G.で済ました方が楽そうな水面や動物を、本物で映像化する律儀さが、メイキングとして観る分には面白く。

一方、「~俺の妹がこんなに可愛いわけがないComplete Collection+~俺妹コンプ+!」は、同題アニメのキャラソン集。

田村ゆかりは、サブヒロイン来栖加奈子役なので既聴の「めてお☆いんぱくと」フルコーラス版以外は1曲。

アニメ自体がオタクネタで笑うという、ネタ臭強い作品なので、どうしようもなくキャラソンな歌詞。ですが、田村ゆかりの作りロリ声は、「いいえ、トムは妹に対して性的な興奮を覚えています」での、早口言葉のような歌詞をまくし立てるという大変そうな曲に、うまく嵌まっています。「春待ちソレイユ」でも、「好き...でもリベンジ」での巻き舌作りロリ声が、一番好み、という私の好みもありますが。

田村ゆかり以外では、ヤンデレキャラ故首尾一貫させやすかった(?)、早見沙織「白いココロ」が、破綻無い綺麗な高速エレポで、聴き易く好印象。 竹達彩奈「オレンジ」の聴いていて不安になる揺らぎっぷりは、花澤香菜がなし得なかった川澄綾子歌の正当後継者かも(最近「まほろまてぃっく」曲を聴き直した為)。

|

« 三上延「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち」 (メディアワークス文庫) | Main | kashmir「彼女はUXO」(チャンピオンREDコミックス) »

田村ゆかり」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/53610073

Listed below are links to weblogs that reference 田村ゆかり「春待ちソレイユ」/「~俺の妹がこんなに可愛いわけがないComplete Collection+~俺妹コンプ+!」 :

« 三上延「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち」 (メディアワークス文庫) | Main | kashmir「彼女はUXO」(チャンピオンREDコミックス) »