« kashmir「彼女はUXO」(チャンピオンREDコミックス) | Main | 「キルミーベイベー」/「孤独のグルメ」/「戦姫絶唱シンフォギア」/「リコーダーとランドセル」/「エリアの騎士」の第1話感想 »

ニッケルバック「ヒア・アンド・ナウ」

2011年作の7作目。

L.A.メタル等という言葉を思い浮かべる軽ハード・ロックなので、一番元気な「ディス・ミーンズ・ウォー」でも、ハードさは乏しく。むしろ、歌い上げバラード「トライング・ノット・トゥ・ラヴ・ユー」「ドント・エヴァー・レット・イット・エンド」が、ベタで聴き易くて良かったです(聴き易い反面、曲調が似通ってしまっていますが)。

このバンドを気になった理由が、オリンピック閉会式で「バーン・イット・トゥ・ザ・グラウンド」を聴いたことなので、ボーナス・トラックとして同曲を含むライブテイク3曲が入った、日本盤を購入。サマーソニック2010でのテイクなので、「アリガトー!」「ゲンキ、デスカー!」と、日本語MCサービスもあって、歓声も大きく、スタジアム・ロック的スケール感が、なんだか羨ましく。

|

« kashmir「彼女はUXO」(チャンピオンREDコミックス) | Main | 「キルミーベイベー」/「孤独のグルメ」/「戦姫絶唱シンフォギア」/「リコーダーとランドセル」/「エリアの騎士」の第1話感想 »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11715/53665950

Listed below are links to weblogs that reference ニッケルバック「ヒア・アンド・ナウ」:

« kashmir「彼女はUXO」(チャンピオンREDコミックス) | Main | 「キルミーベイベー」/「孤独のグルメ」/「戦姫絶唱シンフォギア」/「リコーダーとランドセル」/「エリアの騎士」の第1話感想 »